- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

カンペ用意「がっつり見た」

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は10日、女子ダブルス決勝が行われ、穂積絵莉/ 二宮真琴組は第6シードのB・クレチコバ(チェコ共和国)/ K・シニアコバ(チェコ)組に3-6, 3-6のストレートで敗れ、日本人女子のペアで史上初の四大大会優勝とはならなかった。

>>全仏OP対戦表<<


決勝戦、穂積/ 二宮組はクレチコバ/ シニアコバ組の強烈なサービスやネットプレーに対応できず、第1セットを落とす。第2セットも流れを掴むことができず、1時間5分で力尽きた。

表彰式のスピーチで穂積は大会関係者、応援してくれたチームのメンバーらに英語で感謝の意を伝えた。

しかし、二宮は用意していた紙を見ながら「チーム、家族、スポンサーに感謝します。みなさん、ありがとう」と英語でスピーチした。

試合後の会見で、二宮は「穂積さんのコーチに(英語の)文章を考えてもらい、それをメモした。覚えることができなかったので、がっつりメモを見て話しました」と明かした。

決勝戦について、穂積は「本当に悔しい。ファミリーボックスを見ると涙が出そうで、こらえていました。ここまでこれたことがうれしいですし、すごくいい経験になったので、絶対次につながると思います。下を向くようなことではないです」とコメント。

この日、ファミリーボックスには穂積の母親も観戦しており「母は『勝ち負けよりも、いいプレーをしてくれてばいい』と言っていました。今日はいいプレーを出すことができなくて残念ですが、センターコートのファミリーボックスにつれてくることができ、応援して観てもらったことがうれしいです」と述べた。

二宮は「今日は相手にやられたという感じが強かった。相手から学ぶことも多くて、次に活かせると思いました」と振り返った。

決勝で敗れた2人は優勝トロフィーではなく、準優勝のプレートを受け取った。二宮は「トロフィーにチューしたかったです。イメトレはしていました」と笑顔で話し、会見場の笑いを誘った。

今後について、穂積は「今回でかなり自信になったので、グランドスラムで優勝するチャンスはあると感じました。1回戦から準決勝までは2人でいいプレーができたので、勝てない相手はいないと心底思った。なので、グランドスラムで優勝するチャンスは絶対にくると思っています」と意気込んだ。

また、二宮はダブルスに専念する考えであることを明かした。

「日本人と組んで東京オリンピックを目指したいというのがあります。ウィンブルドンでベスト4に入った時は、たまたまという思いもありました。でも、今回決勝までこれて、ちゃんとやればできるんだと思いました。今回のプレーや結果でダブルスを極めようかなという思いも強くなりました」

「去年のウィンブルドンで勝ってから、そういう思いが頭をよぎっていて、コーチにも相談したり、家族とも話したりしました。シングルスで勝ちたいという思いが強かったです。東京オリンピックでメダルを取れるチャンスがあるなら『ダブルス』と思った」

今大会、穂積/ 二宮組は1回戦でP・エルコグ(スロベニア)/ A・ヴァン=ウィットバンク(ベルギー)組、2回戦で第11シードのR・コップス=ジョーンズ(アメリカ)/A・グローネフェルド(ドイツ)組、3回戦で第5シードのG・ダブロウスキ (カナダ) /Y・チュ (中国) 組、準々決勝で第1シードのT・バボス(ハンガリー)/ K・ムラデノヴィック組、準決勝で第8シードのチャン・ハオチン(台湾)/ ヤン・シン(中国)組を次々と破る快進撃で、日本人女子ペアでは史上初となる四大大会決勝進出を果たしていた。

6月18日開幕の男子テニスATPワールドツアー500 ハレ / ロンドンをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程配信予定。 第1日は無料配信。

【放送予定】
2018年6月18日(月)〜6月24日(日)
 
■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・穂積/二宮組「相当うれしい」
・穂積/二宮「興奮冷めない」
・田島V 錦織以来12年ぶり

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年6月11日11時26分)

その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!