- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織とマレーが対称的

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会4日目の25日、ボトムハーフの男子シングルス2回戦が行われ、第5シードの錦織圭は世界ランク40位のA・クズネツォフ(ロシア)に貫録のストレート勝ちで2年連続の3回戦進出。一方、第2シードのA・マレー(英国)は錦織とは対称的に世界ランク164位のM・ブルグ(フランス)(フランス)に大苦戦を強いられる勝ち上がりとなった。

>>全仏オープン対戦表<<

錦織は23日の会見で「危険な選手」と評していたクズネツォフをストレートで下して勝利。

3回戦では、元世界ランク7位(現52位)のF・ベルダスコ(スペイン)と対戦する。過去の対戦では1勝2敗と負け越しており、2回戦終了後の会見で錦織は「ラファ(ナダル)みたいなプレースタイル。前(今年4月のルーマニア大会)にクレーで優勝していますし、タフな相手」と評している。

一方、錦織が勝ち進むと準々決勝で対戦する可能性の高い第2シードのマレーは、地元フランス出身で世界ランク164位のブルグにまさかの大苦戦。1回戦のR・シュティエパネック(チェコ共和国)戦に続き2戦連続となるフルセットの戦いとなるも、挽回して辛くも3回戦進出を決めた。

マレーは5月上旬のBNLイタリア国際 決勝ではN・ジョコビッチ(セルビア)を下して今季初優勝を果たしている。

また、第9シードのガスケは世界ランク103位のB・フラタンジェロ(アメリカ)、第17シードのキリオスはI・セイスリン(オランダ)を、それぞれストレートで下して勝利。ガスケとキリオスは3回戦で対戦し、勝者が4回戦で錦織が勝ち上がった時に対戦する組み合わせになっている。

同日行われた女子シングルスでは、大坂なおみが世界ランク52位のM・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)を下し、1月の全豪オープンに続いてグランドスラム2大会連続となる3回戦進出を決めた。






■関連ニュース■ 

・錦織 ジョコ、ナダル抑え1位
・錦織 3回戦は「ラファみたい」
・マレー大苦戦もアウェー制す
(2016年5月26日12時19分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!