- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 決勝はナダルと頂上決戦

男子テニスツアーのバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)は23日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が第10シードのP・コールシュライバー(ドイツ)を6-3, 6-3のストレートで下して3年ぶりの決勝進出を果たし、9度目の優勝に王手をかけた。決勝では、第2シードの錦織圭との頂上決戦が実現する。

>>バルセロナ・オープン対戦表<<

両者は今回が10度目の対戦で、過去は錦織から1勝8敗。直近では、今年のBNPパリバ・オープン準々決勝で対戦しており、その時はナダルがストレートで勝利した。

錦織は、同日の準決勝で第6シードのB・ペール(フランス)をストレートで破り、3年連続の決勝進出を決めた。バルセロナ・オープンでは2014・2015年に優勝しており、大会史上3人目の3連覇を狙う。

過去のバルセロナ・オープンで3連覇を成し遂げているのは、1982−1984年のM・ビランデル(スウェーデン)と2005−2009年の5連覇と2011−2013年に3連覇しているナダルのみ。

一方、今大会でナダルは初戦の2回戦でM・グラノジェルス(スペイン)、3回戦でA・モンタネス(スペイン)、準々決勝で第12シードのF・フォニュイーニ(イタリア)、そして準決勝で第10シードのコールシュライバーを下しての勝ち上がり。

バルセロナ・オープンは2013年以降優勝から遠ざかっているため、今回は大会3年ぶり9度目の優勝を目論む。前週行われたクレーシーズンのモンテカルロ・ロレックス・マスターズでは今季初優勝を飾っている。






■関連ニュース■ 

・錦織、ナダル戦後「シャワー浴びながら号泣」
・錦織「強いナダル戻ってきた」
・錦織 ナダルに抜かれ後退
(2016年4月24日0時46分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!