- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 決勝18歳フリッツを称賛

14日まで行われていた男子テニスツアーのメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード)で大会史上初の4連覇を成し遂げた世界ランク7位の錦織圭が18日、自身の公式ブログを更新。決勝戦で対戦したアメリカの18歳T・フリッツ(アメリカ)を称賛した。

メンフィス・オープン決勝戦、錦織は主催者推薦枠で出場の18歳フリッツと対戦。

フリッツは、元ジュニア世界ランキング1位でアメリカ期待の新星。1989年のM・チャン(アメリカ)が当時17歳でツアー優勝して以来となるアメリカ人男子最年少での決勝進出を果たした。

「彼とは試合こそないものの練習はけっこうやってきたのである程度どういうテニスかは頭に入ってました。まだまだ荒いところはありますが調子がいいとバカバカフラットで打ってくるので危ない選手です。」

「練習試合では負けた記憶しかなかったので少し緊張して試合に入りました。」と綴った錦織は、練習でフリッツに1度も勝てていなかったため、試合序盤は警戒からか動きに硬さが見えた。

「1セット目はたぶん彼のほうがいいテニスはしてましたが、大事なところをしっかり集中してプレーして彼のまだスキがある部分にちゃんとつけ込めたました。2セット目はほぼ100点に近かったと思います。」と試合を振り返った錦織は、フリッツに挽回の隙を与えず6-4, 6-4のストレートで勝利した。

フリッツに対して「まだ直すところはあるにしても、ポテンシャルは高いのでこれから強くなりそうですね。」と称賛していた。

錦織は今後、22日からアカプルコで行われるATP500のアビエルト・メキシコ・テルセル男子に出場予定となっている。昨年は決勝でD・フェレール(スペイン)に敗れて準優勝に終わったため、今年は大会初優勝を狙う。






■関連ニュース■ 

・錦織 次のステップへ「挑戦」
・錦織の相手クレーム ボール重い
・快進撃の18歳フリッツ「満足」
(2016年2月18日20時35分)

その他のニュース

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

1月17日

ナダルとの練習は「厳しい」 (15時57分)

便の同乗者が感染者に「不運」 (15時56分)

世界7位コーチが豪で感染確認 (14時09分)

ビッグ3 対トップ10勝率で独占 (13時04分)

ダニエル太郎 豪に到着を報告 (11時43分)

西岡良仁 豪の検査陰性を報告 (10時51分)

全豪OPの対応に不満明かす (9時55分)

全豪OP またも陽性者が発覚 (9時41分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!