- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シード敗退は錦織とモンフィス

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会初日の31日、男子シングルス1回戦が行われ、昨年ファイナリストで四大大会初優勝を狙っていた第4シードの錦織圭(日本)、そして第16シードのG・モンフィス(フランス)が途中棄権で姿を消し、トップハーフ(対戦表の下半分)に位置するシード選手では錦織とモンフィスが初戦敗退を喫した。

>>全米オープン対戦表<<

第4シードの錦織は1回戦で世界ランク41位のB・ペール(フランス)と対戦するも、長身から繰り出されるサービス、バックハンドの強打、さらにドロップショットでペースが乱れ、4-6, 6-3, 6-4, 6-7 (6-8), 4-6のフルセットで早期敗退を喫した。

錦織が初戦で姿を消すのは今季初で昨年の上海マスターズ以来のこと。昨年の全米オープンで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)らを破り、日本人初となるグランドスラム準優勝の快挙を成し遂げた錦織だが、今年はまさかの初戦敗退となった。

さらに、第16シードのモンフィスはI・マルチェンコ(ウクライナ)と対戦し、6-2, 4-6, 0-5のところで途中棄権を申し入れたため1回戦敗退となった。

大会初日には同じくトップハーフで第1シードのジョコビッチ、第7シードのD・フェレール(スペイン)、第8シードのR・ナダル(スペイン)、第9シードのM・チリッチ(クロアチア)らシード勢が登場。

ジョコビッチはJ・ソウザ(ブラジル)を6-1, 6-1, 6-1のストレートと、わずか1時間10分で2回戦進出を決めた。

怪我から復帰したフェレールは1回戦でR・アルボット(モルドバ)と対戦し、1セット目を落とすも4-6, 7-5, 6-1, 6-0の逆転で勝利をおさめた。

過去同大会で2度の優勝を誇るナダルは、期待の若手B・コリッチと対戦。6-3, 6-2, 4-6, 6-4で勝利を決めた。

ディフェンディング・チャンピオンのチリッチはこの日、G・ペラ(アルゼンチン)を6-3, 7-6 (7-3), 7-6 (7-3)で下して2回戦進出。

その他のシード勢では第10シードのM・ラオニチ(カナダ)、第14シードのD・ゴファン(ベルギー)、第18シードのF・ロペス(スペイン)、第19シードのJW・ツォンガ(フランス)ら2回戦進出を決めている。

トップハーフのシード勢が順当に勝ち上がる中、錦織とモンフィスが姿を消すこととなった。

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・落胆の錦織「チャンスあった」
・錦織破る波乱の立役者ペール
・修造氏「圭が一番悔しい」
(2015年9月1日15時39分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!