- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

年間最優秀のセリーナ、ナブラチロワやグラフらの記録更新なるか

女子テニスで、今年の全仏オープンと全米オープンを制して世界ランク1位でシーズンを終えたS・ウィリアムズ(アメリカ)が、今シーズンの“プレーヤー・オブ・ザ・イヤー”(年間最優秀選手)に選ばれた。

5度目の同賞を受賞したセリーナは、グランドスラム2大会を含むツアーベストとなる11大会で優勝。これはM・ヒンギス(スイス)が1997・1998年に記録した年間12大会での優勝以来シーズン最多優勝で、獲得賞金も12,385,572ドル(約12億3,000万円)は史上最高額となった。

そして2月18日には再び女王返り咲き、世界ランク1位となった最年長記録を更新していた。

「明らかに全仏オープンの優勝が、最も突出しているものだと思う。何年間も、あの大会で優勝したいと思っていたから。本当に興奮した。同時にクレーで1度も負けなかったという事実も最高の気分。そう考えると、クレーシーズンでの成績が際立っていたと感じる。」

「振り返ると、勝利はきっと覚えている事でしょう。でも、そんなシーズンでも犯してしまった過ちからは学習しなければならない。それを繰り返さないためにもね。」

全米オープンでの優勝が、自身のグランドスラムでの17度目の優勝となったセリーナは、2014年には歴史への挑戦にもつながる。

レジェンドと呼ばれているC・エバート(アメリカ)M・ナブラチロワ(アメリカ)が持つ史上2番目のグランドスラム18度の優勝にあと1つと迫っている。それに追いつくと、次ぎはS・グラフ(ドイツ)の持つ史上最多の22度への挑戦も始まる。

しかし、セリーナの頭には目の前の目標を1つ1つクリアしていく事しかない。まずは年初の全豪オープンに照準を合わせていると話す。

「グランドスラムでは皆私と同じように優勝の思いで臨んでいる。自分が最後の勝者になれる事を願っている。そして、それが次の目標なのは間違いない。」

「ここ数年はその大会では思ったような成績を収められずにいたから、現在の目標としては1年前のように足首を捻らないようにして臨みたい。まずは、それから始める。」

「まだ改善させられるところはある。だから来年にはそこを改善すれば、また楽しみなシーズンになるはず。まだまだたくさんある。細かくは言えないけど、今の自分のテニスを更に成長させられる事は本当にたくさんある。」

そして、最優秀選手賞の発表に先駆けて発表された賞は以下の通り。

“ダブルス・チーム・オブ・ザ・イヤー”(最優秀ダブルスペア)は、ダブルス世界ランク1位のS・エラーニ(イタリア)R・ビンチ(イタリア)の2人に送られた。

“ニューカマー・オブ・ザ・イヤー“(年間新人賞)はE・ブシャール(カナダ)に、“モースト・インプルーブド・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー”(年間最も成長した選手賞)はS・ハレプ(ルーマニア)に、“カムバック・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー”(年間最優秀復活選手賞)はA・クレイバノワ(ロシア)へと送られた。


■関連記事■

《世界1位セリーナが2連覇、元女王エナン以来の快挙達成<WTAチャンピオンシップ>》

《ヒンギスとエナン以来の快挙セリーナ、賞金は女子選手史上最高額》

《女王セリーナ2連覇達成「愛を感じてプレーした」、準Vアザレンカ「厳しい敗北」<全米オープン>》

《女王セリーナの敗戦、コーチ「彼女だって人間さ」<ウィンブルドン>》


■関連動画■

《伝説の選手グラフが達成した驚くべき連勝記録!WTA女子ツアーマガジン Vol.9》

《全英覇者が突然の引退!アザレンカが女王を破る!WTA女子ツアーマガジン Vol.9》

(翻訳・記事/弓削忠則)
(2013年11月26日9時04分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月19日

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!