- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アテネ五輪で単複金メダルを獲得したチリの英雄が引退

男子でテニスで世界9位までのぼりつめ、2004年のアテネオリンピックで単複金メダルを獲得し故郷チリの英雄となったN・マス(チリ)が現役引退を表明した。

2004年に行われたアテネオリンピックで、マスは元世界ランク1位のG・クエルテン(ブラジル)を1回戦で破り勢いの乗ると、準々決勝で元王者C・モーヤ(スペイン)、準決勝でT・デント(アメリカ)、さらに決勝ではM・フィッシュ(アメリカ)を6-3, 3-6, 2-6, 6-3, 6-4のフルセットの激闘の末に下し、悲願の金メダルを獲得。

さらにF・ゴンサレス(チリ)とのダブルスでは、決勝でN・キーファー(ドイツ)/ R・シュトラー(ドイツ)組を6-2, 4-6, 3-6, 7-6 (9-7), 6-4で破り、単複金メダルを獲得する快挙を成し遂げた。

その後は怪我に悩まされるなどでランキングを落とし、近年では下部大会に出場していた。

1997年にプロへ転向したマスは、これまでキャリア通算6度のツアータイトルを獲得。グランドスラムでの自己最高成績は2005年の全米オープンで、その時は4回戦でG・コリア(アルゼンチン)に4-6, 6-2, 7-6 (7-5), 2-6, 2-6の逆転で敗れている。

33歳のマスの自己最高ランクは、2004年9月に記録した9位である。

また、アテネオリンピックでダブルスのパートナーだったゴンサレスは、昨年の3月に引退した。


■関連記事■

《引退についてフェデラー「それは突然訪れる」》

《元世界5位のゴンサレスがプロ人生に幕》

《ダブルスも敗れたブレイク、現役引退へ<全米オープン>》

《突然引退のバルトリ「プロテニス人生に幕を閉じる時」》


■関連動画■

《新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ!ATP男子ツアーマガジン Vol.183》

《錦織も出場するハードコートシーズン開幕!ATP男子ツアーマガジン Vol.182》

《フェデラーが黒塗りラケットで再始動!ATP男子ツアーマガジン Vol.181》

(2013年9月1日10時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!