- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

トップシードのウォズニアキが2回戦へ◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会初日の17日、女子シングルスのトップハーフ1回戦が行なわれ、第1シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)G・ドゥルコ(アルゼンチン)に6-3, 6-4のストレートで勝利、2回戦に駒を進めた。

ダブルスではトップランクであるドゥルコに対し、第1セットは1度もブレークピンチに直面しなかったウォズニアキは、唯一あったブレークチャンスをきっちりと活かしてセットを先取する。

第2セットに入るとドゥルコは第8ゲームでブレークに成功、ゲームカウント4−4とするが、ウォズニアキはすぐさまこのセット2度目のブレークを奪い5−4とすると、続くサービスゲームをキープして試合に終止符を打った。

20歳のウォズニアキは昨年、6大会でタイトルを獲得し世界ランク1位の座を手に入れている。今大会では成績によって女王交代の可能性があるが、ウォズニアキがベスト4以上に進出すれば、1位の座を守ることができる。

「間違いなく良い感じです。調子が良い感覚がありました。ヒセラはタフな対戦相手でした。特に初戦の相手としては。」と語ったウォズニアキは、2回戦でV・キング(アメリカ)と対戦する。キングは、T・パスゼック(オーストリア)を6-7 (4-7), 6-0, 6-3の逆転で下し、2回戦に進出した。

昨年の準優勝者であるJ・エナン(ベルギー)は、予選勝者のS・ミルザ(インド)を5-7, 6-3, 6-1の逆転で破り、「この半年間で最初の公式戦」で勝利を飾った。

昨シーズンから本格的に現役復帰を果たしたエナンは、復帰からわずか1週間で出場した今大会で決勝に進出する快挙を成し遂げていたが、シーズン後半は肘の怪我のために大会に出場していなかった。

「身体的には1年前よりも良いと思いますし、良い方に向かっています。この数ヶ月間、難しい時間をくぐりぬけました。だけど、今またここにいます。情熱が帰ってきました。」

また上位シード陣は順当な勝ち上がりを見せており、第4シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)S・エラーニ(イタリア)を6-3, 6-2で、第6シードのF・スキアボーネ(イタリア)A・パーラ=サントンハ(スペイン)を6-7 (4-7), 6-2, 6-4で、そして第8シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)はK・ウォーレに6-0, 6-2で勝利している。

この他の試合の結果は以下の通り。

N・リー(中国) (9) ○-× S・アービッドソン(スウェーデン), 6-1, 7-5
M・シャラポワ(ロシア) (14) ○-× T・タナスガーン(タイ), 6-1, 6-3
M・バルトリ(フランス) (15) ○-× T・ガルビン(イタリア), 6-0, 6-0
B・ザーロバ・ストリツォバ(チェコ共和国) ○-× A・レザイ(フランス) (17), 6-0, 3-6, 7-5
K・カネピ(エストニア) (20) ○-× M・リバリコワ(スロバキア), 2-6, 6-4, 6-3
Y・ウィックマイヤー(ベルギー) (21) ○-× J・グロス(オーストラリア), 6-3, 2-6, 6-4
S・クズネツォワ(ロシア) (23) ○-× A・リスケ(アメリカ), 6-3, 6-2
R・クリコバ(ロシア) ○-× D・ハンチュコバ(スロバキア) (28), 7-6 (7-3), 3-6, 9-7
D・チブルコワ(スロバキア) (29) ○-× A・クルベール(ドイツ), 6-2, 6-7 (4-7), 6-4
A・ペトコビッチ(ドイツ) (30) ○-× J・クレイバス(アメリカ), 6-1, 6-2
T・ピロンコバ(ブルガリア) (32) ○-× P・パルメンティエ(フランス), 6-4, 3-6, 6-3
A・ブリアンティ(イタリア) ○-× L・フラデカ(チェコ共和国), 6-4, 7-5
A・セバストバ(ラトビア) ○-× P・エルコグ(スロベニア), 6-4, 7-6 (7-5)
V・マナシエバ(ロシア) ○-× L・ポウス・ティオ(スペイン), 7-5, 6-2
E・バルタチャ(英国) ○-× J・ハンプトン(アメリカ), 3-6, 6-4, 7-5
A・ルス(オランダ) ○-× B・マテック(アメリカ), 6-1, 3-6, 7-5
M・ニクルスク(ルーマニア) ○-× T・バシンスキー(スイス), 6-0, 6-3
R・マリーノ(カナダ) ○-× 波形純理(日本), 6-2, 4-6, 6-3
S・ザラボバ(チェコ共和国) ○-× R・ボラチョーバ(チェコ共和国), 6-3, 6-1
A・ケタボング(英国) ○-× A・ロディオノワ, 7-5, 6-4
J・ジョルジュ(ドイツ) ○-× E・ガロビッツ(ルーマニア), 6-3, 4-6, 6-3
V・ラッツァーノ(フランス) ○-× E・ヴェスニナ(ロシア), 4-6, 6-3, 6-3
E・ロディナ(ロシア) ○-× O・ロゴウスカ(オーストラリア), 6-3, 6-1
J・ドキッチ(オーストラリア) ○-× Z・オンドラスコバ(チェコ共和国), 6-3, 6-2
C・シーパース(南アフリカ) ○-× K・シュプレム(クロアチア), 4-6, 6-4, 6-2
A・フラヴァコバ(チェコ共和国) ○-× P・メイヤー(オーストリア), 7-5, 6-4

この日は第17シードのレザイと第28シードのハンチュコワが初戦でのシードダウンとなっている。また、主催者推薦で出場している元世界ランク4位のドキッチが初戦を突破した。

(2011年1月18日12時40分)

その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!