- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルが圧勝で2回戦へ◇全豪オープン

テニスのグランドスラム大会、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン)は20日、男子シングルス1回戦が行なわれ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が登場、世界ランク75位のC・ロクス(ベルギー)を6-0, 6-2, 6-2で一蹴し、2回戦に駒を進めた。

この日の試合、世界ランク1位のナダルは序盤からロクスを圧倒、8ゲームを連取するなど、わずか19分で第1セットを先取すると、第2セット以降もその勢いは続き、結局77分で初戦突破を決めた。

またナダルはこの日、10本のサービスエースと47本のウィナーを決め、わずか18本の凡ミスしか犯さず、7度のブレークを決めるなど、あらゆる面でロクスを上回った。

この日の圧勝が他の選手に対し警告なるかどうかを聞かれたナダルは、「そんなことは思わないよ。ただ自分自身で良いプレーをするだけさ。R・フェデラー(スイス)N・ジョコビッチ(セルビア)も違うブロックにいるから、彼らと対戦できるのは準決勝か決勝だけだしね。僕はただ自分のブロックの事と次の試合の事だけを気をつけているよ。」と答えた。

また、わずか77分で試合が終わったことに関しては、「勝ったのは良いことだ。早く終わるならなおさらだね。だから良いスタートが切れて満足しているし、自分のパフォーマンスも合格点だ。今日は良いプレーが出来た、特にサーブとフォアハンドが良かった。良く集中できていたし、コートカバーリングも良かった。」とコメントした。

第4シードのA・マレー(英国)もこの日の1回戦に登場し、A・パベル(ルーマニア)と対戦したが、6-2, 3-1とリードしたところでパベルが棄権したため、わずか45分で初戦を終えた。「もう少し長くコートに居たかったけど、トーナメントで良い結果を残すには、体力をセーブするのはいい事だと思う。これがいい事だったと思いたいね。」

第13シードのF・ゴンサレス(チリ)は、およそ5ヶ月振りのツアー復帰を果たしたL・ヒューイット(オーストラリア)を5-7, 6-2, 6-2, 3-6, 6-3と、3時間7分のマラソンマッチを制し、2回戦に進出した。「レイトン(ヒューイット)との対戦はタフになると思っていた。彼は偉大な選手でありファイターだ。この大会は今年最初のグランドスラムだから、勝てて満足している。」

昨年の準優勝者で第5シードのJW・ツォンガ(フランス)は、J・モナコ(アルゼンチン)を6-4, 6-4, 6-0で下し、第9シードのJ・ブレーク(アメリカ)F・ダンチェビッチ(カナダ)を6-4, 6-3, 7-5で下し、それぞれ2回戦に進出した。

また、日本の19歳、錦織圭(日本)もこの日の1回戦に登場したが、第31シードのJ・メルツァー(オーストリア)に5-7, 2-6, 1-6のストレートで敗れ、全豪オープンのデビュー戦を勝利で飾れなかった。

この他の試合の結果は以下の通り。

G・シモン(フランス) (6) ○-× P・アンジャー(スペイン), 6-4, 6-1, 6-1

G・モンフィス(フランス) (12) ○-× M・バッサロ=アルグエッロ(アルゼンチン), 6-1, 6-3, 7-5

F・ベルダスコ(スペイン) (14) ○-× A・マンナリノ(フランス), 6-0, 6-2, 6-2

N・アルマグロ(スペイン) (17) ○-× N・マス(チリ), 6-4, 6-4, 3-6, 5-7, 6-3

I・アンドレエフ(ロシア) (18) ○-× P・ポランスキー(カナダ), 5-7, 3-6, 6-4, 6-3, 6-4

R・シュティエパネック(チェコ共和国) (22) ○-× N・ラペンティ(エクアドル), 3-6, 6-3, 6-4, 6-4

R・ガスケ(フランス) (24) ○-× D・ジャンケラ(アルゼンチン), 6-7 (5-7), 7-6 (7-3), 6-3, 6-4

I・カルロビッチ(クロアチア) (25) ○-× D・ヒメノ=トラバー(スペイン), 6-3, 6-4, 6-4

F・チポッラ(イタリア) ○-× D・ツルスノフ(ロシア) (29), 4-6, 6-2, 7-6 (9-7), 7-5

D・セラ(イスラエル) ○-× R・シュトラー(ドイツ) (30), 1-6, 6-2, 6-4, 6-4

R・カラヌシッチ(クロアチア) ○-× F・セラ(フランス), 6-3, 1-6, 6-3, 3-6, 6-3

I・リュビチッチ(クロアチア) ○-× I・クニツィン(ロシア), 4-6, 7-6 (7-3), 7-6 (9-7), 5-7, 6-3

V・ハネスク(ルーマニア) ○-× J・ヘルニチ(チェコ共和国), 3-6, 3-6, 7-6 (9-7), 7-6 (7-4), 8-6

E・ガルビス(ラトビア) ○-× A・モンタネス(スペイン), 6-3, 6-2, 6-3

S・ドゥショーナック(フランス) ○-× S・ダルシス(ベルギー), 2-6, 6-3, 0-6, 6-2, 6-2

A・クレマン(フランス) ○-× S・スタコフスキ(ウクライナ), 6-3, 2-6, 4-6, 6-2, 6-1

M・ベレー(ドイツ) ○-× C・ボール(オーストラリア), 6-2, 6-4, 6-3

A・ベック(ドイツ) ○-× C・イベルスィート(オーストラリア), 7-5, 6-1, 6-0

M・グラノジェルス(スペイン) ○-× T・ガバシュビリ(ロシア), 6-4, 7-6 (7-3), 4-6, 6-0

C・グシオネ(オーストラリア) ○-× N・デヴィルダー(フランス), 6-4, 6-2, 6-4

F・フォニュイーニ(イタリア) ○-× A・ゴルベフ(カザフスタン), 3-6, 7-6 (9-7), 6-4, 6-2

T・ハース(ドイツ) ○-× E・シュワンク(アルゼンチン), 6-3, 6-3, 6-4

D・イストミン(ウズベキスタン) ○-× V・スペーディア(アメリカ), 6-2, 7-5, 6-4

M・アンチッチ(クロアチア) ○-× W・オディスニク(アメリカ), 7-5, 6-4, 4-6, 6-2

S・クーベック(オーストリア) ○-× M・ヨージニ(ロシア), 6-3, 6-2, 6-2

G・カニャス(アルゼンチン) ○-× D・キンドルマン(ドイツ), 3-6, 7-5, 5-7, 6-0, 7-5

今大会の優勝賞金は200万豪ドル

(2009年1月21日10時24分)
その他のニュース

8月19日

大坂撃破のザン 逆転で8強入 (21時06分)

加藤、日比野がダブルス4強 (19時45分)

MS4大会連続8強「大きな意味」 (18時06分)

シンシナティ男子8強出揃う (16時58分)

シンシナティ女子8強出揃う (16時02分)

マクラクラン組 CH2週連続4強 (14時58分)

キリオス組、第1シード組に敗戦 (13時56分)

ラドゥカヌ破りペグラ8強 (13時24分)

アルカラス 元3位チリッチ撃破 (12時27分)

イズナー WCコルダ破り8強 (12時01分)

ノリー 快進撃の19歳破り8強 (11時38分)

ナダル撃破のチョリッチ 8強 (11時14分)

オジェがシナー下し8強入り (10時47分)

クヴィトバ8強 ジャバー撃破 (9時24分)

チチパス完勝 3年連続の8強 (8時30分)

全米OP 賞金総額が過去最高に (8時00分)

フリッツ 逆転で8強、次戦メド (7時31分)

メド 4年連続8強、シャポ撃破 (7時01分)

ナダル撃破「名誉なこと」 (6時31分)

女王敗退 2週連続で8強逃す (5時55分)

8月18日

キリオス「休養の時間だ」 (23時46分)

日本代表監督に添田、杉山 (21時27分)

コルダ 米対決制し16強 (19時05分)

敗退ナダル「練習しないと」 (15時58分)

全米OP ティームらにWC (15時34分)

19歳大学生 ルード撃破で16強 (14時59分)

ラドゥカヌ 完勝で16強 (14時01分)

ナダル 熱戦落とし初戦敗退 (13時08分)

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!