上位選手が続々棄権の異常事態

ゲッティイメージズ
準々決勝を棄権したサバレンカ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのエコトランス レディース オープン(ドイツ/ベルリン、芝、WTA500)は22日、シングルス準々決勝が行われたが、第2シードのA・サバレンカは世界ランク24位のA・カリンスカヤとの試合で第1セットを1-5とリードされた時点で棄権を表明。さらに、第8シードのO・ジャバー(チュニジア)は第1シードのC・ガウフ(アメリカ)との試合で第1セットを6-7 (9-11)で落とした時点で棄権した。

>>ガウフらエコトランス レディースOP組合せ<<

>>錦織 圭vsナヴォーネ 1ポイント速報<<

>>錦織 圭、フリッツら ロスシー国際組合せ<<

世界ランク3位のサバレンカはこの日の準々決勝、サービス時のポイント獲得率が41パーセントに留まりカリンスカヤに2度のブレークを許す。そして第1セットで1-5とリードされたところで肩の負傷を理由に棄権した。

さらに同日には世界ランク10位のジャバーがガウフとの準々決勝で接戦の末に第1セットを落とした後、体調不良のため棄権した。

今大会ではその他、20日に行われた2回戦で世界ランク6位のM・ボンドロウソワ(チェコ)が試合途中に転倒し棄権。21日に行われた準々決勝では同4位のE・ルバキナ(カザフスタン)が試合途中で腹痛により棄権を余儀なくされている。

世界ランクトップ10の選手のうち4選手が棄権する異常事態となっている今大会。7月1日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)へ向け上位陣に不安が残る。


【ディアドラ】この夏「必ず」手に入れたいアイテム登場!
■公式ストアで発売中>


■関連ニュース

・四大大会V経験者4名に主催者推薦
・大坂 なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場
・世界2位撃破「大変な試合だった」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年6月23日16時16分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


テニスショップ テニスショップ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】diadora キャップ


次へ 次へ

【3】diadora トルネオ2   【4】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【5】diadora ICONシャツ   【6】NEWERA 半袖TEE


次へ 次へ

【7】diadora ロゴTEE   【8】NEWERA 半袖TEE


>>   テニスショップを見る

ディアドラセール

その他のニュース