世界5位が線審を怒鳴りつけ失格

ゲッティイメージズ
線審に詰め寄るルブレフ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、ハード、ATP500)は1日、第2シードのA・ルブレフと第7シードのA・ブブリク(カザフスタン)のシングルス準決勝が行われたが、7-6 (7-4), 6-7 (5-7), 5-6の時点でルブレフが線審に詰め寄り怒鳴りつけ、スポーツマンシップ違反で失格となった。

>>【動画】ルブレフが線審を怒鳴りつけ失格となった衝撃の一部始終<<

ロシア出身で世界ランク5位のルブレフが同大会の本戦に出場するのは5年連続5度目。一昨年は優勝、昨年は準優勝を飾っており、今大会も準決勝まで駒を進めた。

迎えた準決勝は第1セットと第2ッセットを両者タイブレークで奪い合う好ゲームに。ファイナルセットも両者1度ずつブレークを奪い合い終盤に突入した。

すると第11ゲーム、ブブリクがゲームポイントを握った場面でブブリクの放った深いショットがイン判定となりそのままラリーが続くと、ブブリクがポイントを獲得しキープした。

今大会はエレクトリック・ライン・コール(自動線審)が採用されておらず線審がジャッジしており、選手はチャレンジを利用して判定を覆すことが出来る。ルブレフもこの場面でポイントを止めてチャレンジを利用することも出来たがラリーを続ける判断をした。

しかし、このポイントを落としたルブレフはボールがアウトだったと線審に猛抗議。激しく怒鳴りながら線審に詰め寄った。

その後この言動がスポーツマンシップ違反と認定され、ルブレフに失格が宣告された。

この結果、ルブレフは今大会で得たポイントと賞金約2,400万円(157,755ドル)を没収されることとなる。

一方、思わぬ形で決勝に進出したブブリクはタイトルをかけ決勝で第5シードのU・アンベール(フランス)と対戦する。アンベールは準決勝で第1シードのD・メドベージェフを下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 発売>




■関連ニュース

・錦織 圭の新コーチ”ヨハンソン”とは
・29歳でツアー初V「奇跡だと思う」
・スポーツ界のアカデミー賞にジョコらテニス界から5名ノミネート

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2024年3月2日8時31分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)