西岡コーチ 4連敗も「プロセス」

ゲッティイメージズ
西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク34位の西岡良仁のコーチを務めるクリスチャン・ザハルカが、30日に自身のTwitterを更新。2月後半からマッチ4連敗と白星に恵まれていないものの、「悪い結果もすべてプロセスの一部」であり、ポジティブなサポートを求めるメッセージをつづった。

>>アルカラスvsフリッツ 1ポイント速報<<

>>アルカラスら マイアミOP組合せ<<

ザハルカは2015年3月から昨年7月まで約7年4ヶ月の長期にわたって土居美咲のコーチを務め、昨年9月からトライアル的に西岡のコーチに就任。その後、2023年シーズンも西岡のコーチを務めることを明らかにした。

西岡は今季開幕戦のアデレード国際1(オーストラリア/アデレード、ハード、ATP250)で4強入りし、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ではベスト16進出を果たす。

しかし、2月のデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)で2回戦敗退、翌週のアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)では初戦でF・ティアフォー(アメリカ)と激突して敗退。

さらに前週のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)に第29シードとして、現在開催されているマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)には第28シードとして出場するもいずれも初戦の2回戦で敗れた。

コーチのザハルカは30日にTwitterを更新し、「ヨシと私は、プレーヤーとコーチとしてスタートしたばかりです」とつづった。

「彼のテニスについて、そして彼という人間について、私にとってはまだ学ぶべきことがたくさんあります。彼はゲームを愛する大きなポテンシャルをもった選手であり、何よりも人として本当に素晴らしい」

「悪い結果もありましたが、これもすべてプロセスの一部です。私たちはすでに多くのことを改善しましたし、これからも立ち止まることはありません」

「私たちは人間でありミスを犯すものです。少しの忍耐と努力で、ヨシのプレーヤーとしての潜在能力を発揮させることができますし、そうするつもりです。皆様のポジティブなサポートによって、より早く到達することができます。ありがとう」

西岡は28日に自身のSNSを通じて「アメリカでのマスターズ2戦はタフだったけれど、マイアミでの時間は楽しかった。クレーコートのシーズンでうまくいくことを期待している」と、次週から始まるクレーコートシーズンに向けて前向きなコメントを投稿している。


>>クリスチャン・ザハルカ Twitter<<




■関連ニュース

・西岡コーチ「苦しめられた」
・西岡「何が起きたか分からない」
・西岡「来年は20位以内に」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月30日17時31分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadora ゲームシャツ   【4】diadora ショーツ


次へ 次へ

【5】NEWERA 長袖TEE   【6】diadora ビーアイコン


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース
もっと見る(+5件)