フルカチュ 5度MP凌ぎ逆転勝ち

ゲッティイメージズ
フベルト・フルカチュ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は25日にシングルス2回戦が行われ、第8シードのH・フルカチュ(ポーランド)がラッキールーザーで出場している世界ランク94位のT・コキナキス(オーストラリア)に6-7(10-12), 7-6(9-7), 7-6(8-6)の逆転勝ちで3回戦に進出した。試合時間は3時間31分、3セットマッチでは今季最長試合となった。

>>ダニエル 太郎らマイアミOP男子組合せ・結果<<

>>サバレンカらマイアミOP女子組合せ・結果<<

世界ランク9位のフルカチュはマイアミ・オープンに4度目の出場で2021年に優勝、昨年は準決勝でC・アルカラス(スペイン)に6-7(5-7), 6-7(2-7)で敗れるも2年連続でベスト4に進出した。

ツアー本戦では初対戦となったフルカチュとコキナキス。この試合、サービスエースはフルカチュが21本、コキナキスは23本とともに量産し、試合を通じてサービスブレークは互いに第1セットの1度ずつに抑えた。

3セット連続でタイブレークにもつれた一戦、第2セットのタイブレークでコキナキスが3度マッチポイントを握るもフルカチュがポイント6-7から3ポイントを連取する。

ファイナルセットのタイブレークの場面でも、コキナキスがポイント6-4とマッチポイントを掴むも、フルカチュが怒涛の4ポイント連取で熱戦に終止符を打った。

「説明するのは難しいね。自分でも良いテニスができていると思っていたし、タナシもそうだった」

「とにかく、いいショットを打つことを心がけていた。もちろんすごく勝ちたかったけど、勝ったとしても負けたとしても、いずれにせよ満足(できる内容)だったと思う」

フルカチュは3回戦で世界ランク62位のA・マナリノ(フランス)と対戦する。マナリノは2回戦で、第32シードのB・シェルトン(アメリカ)を6-4, 3-6, 6-1のフルセットで破っての勝ち上がり。

また同日の2回戦に登場したシード勢では、第2シードのS・チチパス(ギリシャ)、第4シードのD・メドベージェフ、第5シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)、第6シードのA・ルブレフ、第14シードのK・ハチャノフ、第25シードのF・セルンドロ(アルゼンチン)らが3回戦に進出した一方、第11シードのC・ノリー(イギリス)、第15シードのA・デ ミノー(オーストラリア)、第17シードのB・チョリッチ(クロアチア)、第18シードのL・ムセッティ(イタリア)、第19シードのM・ベレッティーニ(イタリア)、第23シードのD・エヴァンス(イギリス)、第27シードのS・バエス(アルゼンチン)、第28シードの西岡良仁らが初戦で姿を消している。




■関連ニュース

・ダニエル 太郎、ズベレフに勝利
・西岡良仁 マイアミOP初戦敗退
・錦織「早く戻ってこれるように」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2023年3月26日18時09分)
テニスショップ

  今週の売れ筋ランキング


次へ 次へ

【1】NEWERA 9THIRTY   【2】NEWERA 9THIRTY


次へ 次へ

【3】diadoraポロアイコン   【4】NEWERA長袖TEE


次へ 次へ

【5】diadoraトルネオ2   【6】diadoraパワースカート


>>   テニスショップを見る

ディアドラキャンペーン

その他のニュース