世界13位撃破「最大の勝利」

ゲッティイメージズ
クリストファー・オコネル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は20日、男子シングルス2回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している世界ランク175位のC・オコネル(オーストラリア)が第13シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)を7-6 (8-6), 6-4, 6-4のストレートで破り、初の3回戦進出を果たした。試合後には「僕のキャリアで最大の勝利」と明かした。

>>全豪OP男女組み合わせ<<

>>ダニエル 太郎 3回戦 1ポイント速報<<

第1セット、お互いに1度ずつブレークしタイブレークに突入する。タイブレークでは5度のミニブレークに成功したオコネルが先行する。第2セットではファーストサービスが入った時に89パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度もブレークチャンスを与えず。第9ゲームでブレークに成功しセットカウント2-0とリードを広げる。

第3セット、ウィナーを18本決めたオコネルは世界ランク13位のシュワルツマンから2度のブレークに成功し、3時間7分で勝利した。

試合後の会見でオコネルは「全豪オープンの2回戦で勝てたなんて、信じられない気持ち。テニスコートで味わったことのない最高の気分だよ。4歳のときからテニスをしているけど、このような瞬間を味わえるなんて夢が叶ったようなものだ」と語った。

勝利したオコネルは3回戦で世界ランク70位のM・クレッシー(アメリカ)と対戦する。クレッシーは2回戦で同132位のT・マハーチ(チェコ)を6-1, 3-6, 6-1, 7-6 (7-5)で下しての勝ち上がり。

クレッシーについては次のように述べた。

「実はジムで体を冷やすまで、誰と対戦するのか知らなかった。でも、シュワルツマンとはまったく違う選手で、面白くなりそうだね。彼(クレッシー)と対戦するのは楽しみ。彼は本当に調子がいいよ」

同日には第5シードのA・ルブレフ(ロシア)、第15シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第20シードのT・フリッツ(アメリカ)、第24シードのD・エヴァンス(イギリス)、第27シードのM・チリッチ(クロアチア)らが3回戦に駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・シュワルツマン 3回戦ならず
・ルブレフ 完勝で3回戦へ
・世界3位ムグルサ 2回戦敗退


■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月20日15時19分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)