ナダル 快勝で16度目の3回戦へ

ゲッティイメージズ
3回戦進出を果たしたナダル
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は19日、男子シングルス2回戦が行われ、第6シードのR・ナダル(スペイン)が予選から出場した世界ランク126位のY・ハンフマン(ドイツ)を6-2,6-3,6-4のストレートで破り、6年連続16度目の3回戦進出を果たした。

>>ナダル、マレーら全豪OP組み合わせ<<

>>大坂vsブレングル 1ポイント速報<<

この試合の第1セット、ナダルはファーストサービスが入ったときに63パーセントの確率でポイントを獲得。ハンフマンに2度のブレークチャンスを与えるもこれをしのぐと、リターンゲームでは強烈なフォアハンドウィナーを放つなどで2度ブレークし先行する。

第2セットもブレークを許すことなく獲得しセットカウント2-0と勝利に王手をかけたナダルは、第3セットも試合を支配。緩急を織り交ぜながら要所では鋭いフォアハンドで主導権を握り続けると、第3ゲームで先にブレーク。その後もリードを守り切り2時間42分で勝利した。

2009年以来13年ぶり2度目の優勝を狙うナダルは3回戦で、第28シードのK・ハチャノフ(ロシア)と世界ランク63位のB・ボンズィ(フランス)のどちらかと対戦する。

同日には第23シードのR・オペルカ(アメリカ)、第25シードのL・ソネゴ(イタリア)らが3回戦へ駒を進めている。

[PR]全豪オープンテニス
1/17(月)~30(日)
WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンド、WOWOWテニスワールドにて全コートライブ配信

■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ 全豪OP欠場が決定
・大坂 なおみ 失格ジョコに言及
・錦織 大坂の会見拒否に言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2022年1月19日14時45分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)