完勝チリッチ 3度目Vへ照準

ゲッティイメージズ
4強入りを果たしたチリッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのVTBクレムリン・カップ(ロシア/モスクワ、室内ハード、ATP250)は22日、シングルス準々決勝が行われ、第6シードのM・チリッチ(クロアチア)が世界ランク61位のP・マルティネス(スペイン)を6-1,6-2のストレートで破り、2019年以来2年ぶり4度目のベスト4進出を果たした。

>>【YouTube】近畿大学に潜入、強さの秘密とは?! 松田龍樹や田口涼太郎らに独占インタビュー<<

>> クレムリンカップ男子組合せ<<

昨年は新型コロナウイルス感染拡大のため中止となっていた同大会。2014・2015年と連覇し、2019年は4強入りを果たしているなど今大会と相性の良いチリッチはこの日、15本ものサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに84パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度もブレークを許すことのないプレーを披露すると、リターンゲームでは4度のブレークに成功し、1時間2分で完勝した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはチリッチのコメントが掲載されている。

「今日は僕にとって素晴らしい試合だった。サーブもすべてうまくいったよ。このコートとスタジアムを楽しんでいる。今回も応援してくれた観客のみんなに感謝している」

準決勝ではラッキールーザーで出場している世界ランク108位のR・ベランキス(リトアニア)と対戦する。ベランキスは準々決勝で同51位のA・マナリノ(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

チリッチは次戦について「彼(ベランキス)はハードコートが大好きで、このサーフェスでプレーするのが大好きなはず。このレベルでプレーするためには、日々自分を追い込んでいくことが重要なんだと思う」と語った。

同日には第2シードのA・カラツェフ(ロシア)、第3シードのK・ハチャノフ(ロシア)が4強へ駒を進めている。

[PR]男子テニスATPツアー250 アントワープ
10/18(月)~10/24(日)

男子テニスATPツアー500 ウィーン
10/25(月)~10/31(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年10月23日10時33分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)