マレー組 熱戦の末4強ならず

ゲッティイメージズ
(左から)マレーとソールズベリー
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、ハード)は28日、テニスの男子ダブルス準々決勝が行われ、A・マレー(イギリス)/ J・ソールズベリー(イギリス)組はM・チリッチ(クロアチア)/ I・ドディグ(クロアチア)組に6-4, 6-7 (2-7), [7-10]の逆転で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織 準々決勝1ポイント速報<<

マレー/ スクプスキ組は第1セット、ファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得し先取する。第2セットでも第5ゲームで先にブレークするも、タイブレークを取られセットカウント1-1となる。

マレー/ スクプスキ組はファイナルセットのスーパータイブレークを制せず、2時間21分の熱戦の末に力尽きた。

勝利したチリッチ/ ドディグ組は準決勝で、M・ヴィーナス(ニュージーランド)/ M・ダニエル(ニュージーランド)組と対戦する。ヴィーナス/ ダニエル組は準々決勝で、第3シードのJ・キャバル/ R・ファラ(コロンビア)組をフルセットで下しての勝ち上がり。

マレーは2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)と2016年のリオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)で金メダルを獲得。今大会はシングルス3連覇を狙っていたが、負傷により同種目を棄権しダブルスに絞って参加していた。

また同日には錦織圭/ マクラクラン勉組と第1シードのN・メクティッチ(クロアチア)/ M・パビッチ(クロアチア)組のダブルス準々決勝もセンターコートの第4試合に組まれている。




■関連ニュース

・衝撃の引退マレー「疲れた」
・「西岡はトリッキー」とマレー
・フェデラー、マレーを称賛

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月28日17時29分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)