暑さに苦言のメド 五輪8強

ゲッティイメージズ
ベスト8へ進出したメドベージェフ
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は28日、男子シングルス3回戦が行われ、第2シードのD・メドベージェフ(ロシア)が第15シードのF・フォニーニ(イタリア)を6-2, 3-6, 6-2のフルセットで下し、大会初のベスト8進出を果たした。

>>錦織ら東京オリンピック対戦表<<

>>錦織vsイヴァシカ 1ポイント速報<<

オリンピック初出場を果たしたメドベージェフは第1セット、開始から2ゲームを連取して先行。第7ゲーム終了後にメディカルタイムアウトを使用するも、ミスを重ねるフォニーニから2度のブレークに成功してセットを先取する。

ロングラリーを制すなどして第7ゲームでブレークポイントを握るもチャンスを逃す。ポイント間で暑さから膝に手を当てて休む様子を見せるメドベージェフは、第8ゲームでブレークを許す。試合中に主審へ「暑さで僕が死んだら誰が責任をとるんだ」と苦言を残すと、そのままセットを落としセットカウント1-1となる。

迎えたファイナルセット、息を吹き返したメドベージェフは第2ゲームでフォニーニのサービスゲームを破る。その後もロブを決めるなどしてリードを守って勝利し、8強入りを決めた。

準々決勝では第6シードのP・カレノ=ブスタ(スペイン)と対戦する。カレノ=ブスタは3回戦で世界ランク59位のD・ケプファー(ドイツ)を下しての勝ち上がり。

同日には世界ランク69位の錦織圭と同66位のI・イヴァシカ(ベラルーシ)、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第16シードのA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)の3回戦などが予定されている。




■関連ニュース

・メドベージェフ 睡眠は2時間
・メド 不意打ちサーブも失敗
・クレー「好きじゃない」とメド

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月28日13時34分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)