西岡良仁 逆転負けで五輪初戦敗退

ゲッティイメージズ
ATPカップでの西岡良仁
画像提供:ゲッティイメージズ

東京オリンピック(日本/東京、有明テニスの森、ハード)は25日、テニスの男子シングルス1回戦が行われ、世界ランク55位の西岡良仁は第12シードのK・ハチャノフ(ロシア)に6-3,1-6,2-6の逆転で敗れ、初戦敗退となった。

>>錦織、大坂ら東京オリンピック対戦表<<

>>ダニエル/西岡vsチリッチ/ドディグ 1ポイント速報<<

オリンピック初出場となった西岡。この日はハチャノフの強打に押されるも互いにサービスゲームのキープが続くが、第8ゲームでは西岡の粘り強いストロークからハチャノフがフォアハンドをネットにかけブレークに成功。サービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでは積極的にボレーを放つなど主導権を握りブレークチャンスを与えることなく第1セットを先取した。

第2セット、西岡はラリー戦でハチャノフに攻め込まれ第4ゲームでこの試合初のブレークを許し先行される。その後はドロップショットやバックハンドのミスを重ねると最後はサービスエースを放たれセットカウント1-1に追いつかれた。

ファイナルセットでも流れを引き戻せなかった西岡は、強烈なフォアハンドウィナーを決められ第3ゲームで先にブレークを許すと、その後も挽回することができずに1時間49分で力尽きた。

西岡は同日に行われる男子ダブルスにダニエル太郎とのペアで出場を予定。コート5の第4試合でM・チリッチ(クロアチア)/ I・ドディグ(クロアチア)組と対戦する。

一方、勝利した世界ランク25位のハチャノフは、2回戦で世界ランク77位のJ・ダックワース(オーストラリア)と同246位のL・クレイン(スロバキア)のどちらかと対戦する。




■関連ニュース

・大坂へ全仏OP「回復祈る」
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織「またコイツに負けた」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年7月25日13時04分)
その他のニュース