ジャバー 悲願のツアー初V

ゲッティ イメージズ
オンス・ジャバー
画像提供:ゲッティ イメージズ

女子テニスのバイキング・クラシック(イギリス/バーミンガム、芝、WTA250)は20日、シングルス決勝が行われ、第2シードのO・ジャバー(チュニジア)が第4シードのD・カサトキナ(ロシア)を7-5, 6-4のストレートで破り、キャリア初優勝を飾った。

決勝戦、ジャバーはファーストサービスが入ったときに74パーセントの確率でポイントを獲得。リターンゲームでは、カサトキナから5度のブレークに成功し、1時間33分で勝利した。

女子プロテニス協会のWTAは公式サイトにジャバーのコメントを掲載し「このタイトルを獲得することで、手本を示すことができると思っていた。アラブ系やチュニジア系の選手があまり活躍していないので、これが彼らの刺激になればと思っている。ツアーでもっと多くのアラブ系やチュニジア系の選手と一緒にプレーすることを望んでいる」と語った。

[PR]ウィンブルドンテニス
6/28(月)~7/11(日)
WOWOWで連日生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ジャバー 世界66位下し8強
・大坂を称賛「トップレベル」
・「ガウフ初戦突破「とても快適」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング

(2021年6月21日13時59分)
その他のニュース
もっと見る(+5件)