35歳シモン8強「大変だった」

ゲッティイメージズ
8強入りを決めたシモン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのベット1ハルクスチャンピオンシップス(ドイツ/ケルン、室内ハード、ATP250)は22日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク58位のG・シモン(フランス)が第3シードのD・シャポバロフ(カナダ)を6-1, 4-6, 6-2のフルセットで破り、ベスト8進出を果たした。

>>YouTube ジョコビッチとの練習秘話【田島 尚輝】にインタビュー前編<<

シモンからみて0勝2敗で迎えたこの試合、シモンはファーストサービスが入った時に80パーセントの高い確率でポイントを獲得するなど、シャポバロフに1度もブレークを奪われることなく第1セットを先取。第2セットでは2度のブレークを許しセットカウント1-1に追いつかれるも、ファイナルセットではサービスの安定しない21歳のシャポバロフを攻め立て3度のブレークに成功。1時間54分で勝利を決めた。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには35歳のシモンのコメントが掲載されている。

「本当に大変だった。デニス(シャポバロフ)は非常に攻撃的なゲームをしている。彼は毎回、本当にすべてを狙っている。多くのミスをしているが、多くのウィナーを作っているんだ。彼はコートの反対側に多くのストレスを与えているよ。今日の自分のプレーには本当に満足している。彼に勝てて本当にうれしい」

シモンは4強入りをかけて、準々決勝で世界ランク46位のJ・シナー(イタリア)と対戦する。19歳のシナーは2回戦で世界ランク82位のPH・エルベール(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

準々決勝についてシモンは「タフな試合になる。ヤニック(シナー)は信じられないようなテニスをしているよ。彼は、ツアーに来てから最も注目している選手の1人なんだ。本当に素晴らしい選手だと思うよ。多くの点で急速に上達している。僕はテニス選手だけど、テニスの大ファンでもある。ファンとして見ると、デニスとヤニックはこの競技に多くのことをもたらしてくれるから、ずっと見ていたい選手。彼らと対戦するのは本当に楽しみなんだ」と話した。

同日には第2シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)、世界ランク56位の西岡良仁が8強へ駒を進めている。

[PR]「男子テニスATPツアー250 アントワープ」
10月19日(月)~10月25日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!

「錦織 圭出場予定!男子テニスATPツアー500 ウィーン」
10月26日(月)~11月1日(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・35歳シモン 今は「事情が異なる」
・元6位シモン 選手の悩みとは
・BIG4世代の苦労 シモン語る

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング

(2020年10月23日13時47分)
その他のニュース