プリスコバ 快勝で今季4勝目

ゲッティイメージズ
全米オープンでのプリスコバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの鄭州オープン(中国/鄭州、ハード、WTAプレミア)は15日にシングルス決勝が行われ、第1シードのKa・プリスコバ(チェコ)が第7シードのP・マルティッチ(クロアチア)に6-3, 6-2のストレートで勝利し、今季4度目のタイトルを獲得した。

降雨により試合開始が約6時間遅れた決勝で、トップシードのプリスコバは過去1勝4敗、今季は全仏オープン3回戦で3-6, 3-6で敗れているマルティッチをストレートで下し、優勝を果たした。

一方、今年4月のTEB BNPパリバ・イスタンブール・カップ(トルコ/イスタンブール、クレー、WTAインターナショナル)でツアー初優勝を挙げたマルティッチだが、ツアー2勝目はならなかった。

マルティッチは16日より本戦が開幕する東レ パン パシフィック オープンテニス(大阪/ITC靭テニス センター、ハード、WTAプレミア)に第8シードで出場予定で、1回戦でY・プチンセワ(カザフスタン)と対戦する。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)~22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 コーチ関係解消を発表
・大坂ら 東レ組み合わせ発表
・錦織 大坂なおみに同情

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年9月16日10時15分)
その他のニュース