土居/日比野組がツアー初優勝

ゲッティイメージズ
単決勝を戦った土居/日比野が複優勝
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの花キューピット ジャパンウイメンズオープンテニスチャピオンシップス(日本/広島、ハード、WTAインターナショナル)は15日、第2試合でダブルス決勝が行われ、土居美咲/日比野菜緒組がC・マーケイル(アメリカ)/V・サヴィニク(ロシア)組を3-6, 6-4, [10-4]で下し、優勝をおさめた。

>>大坂 東レ1ポイント速報<<

>>大坂ら東レ対戦表<<

第1試合に行われたシングルス決勝でタイトルを争った土居と日比野のペアは序盤、リズムを掴むことができずに第1セットを落とすも、第2セットでは緩急をつけたストロークや積極的なポーチ、I(アイ)フォーメーションを織り交ぜる等、ペースに変化をつけて相手のテンポを崩して1セットオールとする。

10ポイントタイブレークで行われた第3セットでは、第2セットで勢いに乗った土居/日比野組が先にミニブレークに成功して主導権を握り、フルセットでタイトルを掴んだ。

土居/日比野組はダブルスでツアー初優勝、シングルスを制覇した日比野は単複優勝をおさめた。

「東レ パン パシフィック オープンテニス」
アジア初の国際女子テニス公式戦としてスタートした国内最高峰のWTAプレミア大会。出場表明した大坂なおみを筆頭に、世界を舞台に戦うトップ女子選手が日本で魅せる。

【放送予定】
9月16日(月・祝)~22日(日)連日生中継[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・日比野が日本人対決制し優勝
・大坂 コーチ関係解消を発表
・大坂ら 東レ組み合わせ発表


■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報

(2019年9月15日15時43分)
その他のニュース