国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

災害級 デ杯の観客格差 マレーら批判

マレー
マレー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの国別対抗戦デビスカップファイナルズは今月12日から17日にかけて行われたが、大会期間中には新フォーマットによる観客の少なさに選手から批判の声が相次いだ。

>>【比較動画】ホーム&アウェーで行われたワールドグループ1の日本戦、会場はサポーターで大盛り上がり<<

同大会は16ヵ国が4グループ4ヵ国ずつに別れ単複でグループリーグを戦い、各グループの上位2ヵ国の計8ヵ国が決勝トーナメントに進出し優勝を争う。

今年はスペインのバレンシア、イギリスのマンチェスター、イタリアのボローニャ、クロアチアのスプリトの4都市でグループリーグが開催。決勝トーナメントは11月21日から26日にかけてスペインのマラガで行われている。

デビスカップは2018年に大手投資グループであるKosmosと契約を締結したことで2019年大会より、試合形式が5セットマッチから3セットマッチになったことや、開催地がどちらかのホームではなく開催地となった都市で行われるななど大会のフォーマットが大きく変わった。

これには大会の歴史的価値を下げるなどの批判の声も多く上がっていた。

そのなかで国際テニス連盟のITFとKosmos社は今年に入り当初の25年契約の打ち切りを発表していた。

そして開幕した今大会、12日にイギリスのマンチェスターで行われたフランス対スイスの一戦に出場した世界ランク40位のS・ワウリンカ(スイス)は自身のSNSで会場の観客の少なさを映した動画と共に、新フォーマットに変更させたITFとKosmos社の代表取締役である元サッカー選手のジェラール・ピケ氏あてに「ありがとう。マンチェスターでのフランス対スイス(笑)」と皮肉を込めた投稿を行った。

>>【比較動画】ワウリンカが投稿した「スカスカ」の観客席<<

さらに15日、今度は同じくイギリスで試合を行っている世界ランク41位のA・マレー(イギリス)がスイスとの試合後の会見でフォーマットを元に戻すべきだと述べた。

「このフォーマットについて最初の議論が行われたとき、僕はATPプレーヤー評議会のメンバーだったが、評議会の中でこのフォーマットを支持する人は1人もいなかった。僕たちはそのことを(ITF会長の)デビッド・ハガティ氏と当時のITFに伝えた。考慮されると言われたが、2日後にはフォーマットを変更することが発表された」

「僕たちは幸運なことに(母国開催のため)すべての試合を素晴らしい雰囲気と素晴らしい観衆の中でプレーすることができる。でもテニス大国であるフランスとオーストラリアがデビスカップを愛しているのに、空のスタジアムでプレーしているのは残念だ」

「これは間違っていると思う。再び成功するにはフォーマットを変える必要がある。選手たちは皆、ホーム&アウェーの試合を愛していたし、ファンも同様にホーム&アウェーの試合を愛していたと思う。元の状態に戻す方法があることを願っている」

>>【比較動画】ホーム開催のイギリス 大盛り上がりの会場<<

さらに16日、再びワウリンカが自身のSNSを更新し、ITFが各国を応援させるためにお金を払って観客を入れていると主張した。

これに同336位のJ・ミルマン(オーストラリア)が反応し「デビスカップの試みは完全な失敗だ。ITFの責任者は、もはやその役割を担うべきではない。まさに災害級だ。デビスカップは常にファンのための大会だった。世界中の人々が自分の国でテニスを観戦できるようになっていた」と厳しく批判した。

かつてホーム開催されていた時のデビスカップには多くの観客が入っており、観客に後押しされるホームチームと、その空気の中戦うアウェーチームの独特の雰囲気があった。母国チームの試合ではこれまで通りの盛り上がりがあっても、他国の試合で観客が入らないようであるならば今後の大会運営が問われる。

なお、グループステージは全ての日程が終了し、カナダ、イタリア、イギリス、オーストラリア、チェコ、セルビア、フィンランド、オランダの8ヵ国が準々決勝に進んだ。

一方でスペイン、アメリカ、クロアチア、スイス、フランスなどの強豪国はグループステージで姿を消した。




■関連ニュース

・19歳 第1シード撃破しツアー初V
・フェデラー祝福「何年も応援してた」
・元世界9位が引退、四大大会Vも経験

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年9月18日19時00分)

その他のニュース

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

7月21日

19歳 リターン無双、2年連続決勝進出 (20時02分)

今井慎太郎V 高額賞金「ありがたい」 (19時20分)

西郷里奈が高額賞金大会V (18時21分)

チチパス下し今季3度目の決勝進出 (13時31分)

ナダルと決勝「夢のよう」 (11時53分)

望月慎太郎 6連敗 遠い白星 (10時42分)

ズベレフ 快勝で2連覇王手 (9時01分)

ナダル 131度目の決勝進出、復活V王手 (8時20分)

7月20日

20歳のフィス4強 ルーネが途中棄権 (18時02分)

チチパス4強 次戦はベレッティーニ (16時08分)

内山、島袋との接戦制し4強 (15時00分)

産後の復活支えたコーチと別れ「感謝」 (14時01分)

“絶体絶命”寝そべりながらスーパーショット (12時33分)

ナダル 4時間死闘「最後までもった」 (11時31分)

ズベレフ、シナー抜き今季最多勝 (10時27分)

ナダル 4時間死闘制し4強 (8時59分)

【動画】飛躍の20歳シュナイダー 全サーフェスV達成の瞬間! (0時00分)

【動画】ベレッティーニ 復帰後2度目の優勝!勝利の瞬間! (0時00分)

【動画】ジョコビッチとダニエル太郎が五輪に向けトレーニング(ジョコビッチの投稿) (0時00分)

【動画】ズベレフ撃破!20歳フィス 優勝の瞬間! (0時00分)

【動画】ナダル撃破!ボルジェス ATPツアー初優勝の瞬間! (0時00分)

7月19日

「いつも美しいテニスとは限らない」 (15時31分)

今季4度目8強 ナダル戦へ (12時51分)

島袋将、前週のリベンジ果たし8強 (11時55分)

重要局面で誤審 ズベレフ猛抗議 (10時57分)

ツアー史上最も低いランクで4強 (10時05分)

ナダル8強も「改善しないと」 (8時58分)

錦織圭が世界1位シナーと練習 (8時00分)

錦織圭 モントリオールは予選から出場 (7時20分)

ナダル 五輪前哨戦で圧巻の8強 (0時29分)

【動画】リターン無双ミケルセン!準決勝のハイライト! (0時00分)

【動画】ベレッティーニ 今季3度目の決勝進出!チチパス撃破の瞬間! (0時00分)

【動画】ナダル 2年ぶり131度目の決勝進出!準決勝のハイライト! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!