国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 勝利に「Very happy!」

錦織圭
復活を果たした錦織圭(画像は2021年)
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのカリビアン・オープン(プエルトリコ/パルマス・デル・マル、ハード、ATPチャレンジャー)は13日、シングルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場している元世界ランク4位の錦織圭が世界ランク333位のC・ランモ(アメリカ)を6-2, 6-4のストレートで破って初戦突破を果たし、約1年8ヵ月ぶりの復帰戦を白星で飾った。試合後にはSNSを更新し「Very happy!」とつづった。

>>【画像】錦織 勝利で喜びの笑顔<<

>>錦織復帰戦 2回戦1ポイント速報<<

>>錦織復帰戦 カリビアンOP組合せ<<

昨年1月に受けた股関節の手術や度重なる足首の負傷によりツアーを長期離脱した33歳の錦織。2021年10月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)の2回戦で敗れて以降公式戦から離れており、今大会は約1年8ヵ月ぶりの復帰戦となった。

27歳のランモとの初顔合わせとなったこの試合、錦織はリターンエースからスタートさせるとブレークポイントではバックハンドの深いリターンがランモの体勢を崩し、第1ゲームでブレークに成功する。サービスゲームでは、サーブ&ボレーやドロップショットなどを駆使しショートポイントを重ねると、ランモのバックハンド側にボールを集めミスを誘い安定感のあるサービスゲームを披露。第7ゲームでは強烈なフォアハンドをコーナーに放つとランモの返球がアウトになり2度目のブレークを奪う。

ファーストサービスが入ったときには87パーセントの高い確率でポイントを獲得した錦織は、ブレークを許すことなく第1セットを先取した。

第2セット、主導権を離さなかった錦織は第3ゲームでブレークチャンスを手にすると相手の意表を突くロブショットを決めブレークに成功。錦織はロブが決まり「カモン!」と叫び喜びを表した。その後もサーブ&ボレーなどで短いポイントで点を重ねていく錦織だったが、第6ゲームでは0-40とこの日初めてのピンチを迎えると、最後は錦織のローボレーがアウトになりブレークバックを許す。

しかし、第8セットではフォアハンドをストレートに放ちウイナーを獲得。ポイント先行し0-30とするもそこから3ポイントを連取され40-30とする。それでもここから錦織が2ポイントを取りアドバンテージを握ると最後は鋭いリターンからランモのミスを誘いブレーク。サービング・フォー・ザ・マッチとなった第10ゲームを集中してキープして1時間44分で勝利となった。

試合後に錦織はツイッターを更新。笑顔の写真とともに「Very happy!」と勝利を喜んだ。

復帰戦を勝利で飾った錦織は2回戦で第7シードのM・クルーガー(アメリカ)と対戦する。クルーガーは1回戦で世界ランク302位のP・ゴヨブジク(ドイツ)を逆転で下しての勝ち上がり。

世界ランク258位のクルーガーと錦織は初の顔合わせ。クルーガーは身長188cmの29歳で、昨年7月には自己最高となる135位を記録した。

[PR]錦織 圭 復帰戦をWOWOWで放送・WOWOWオンデマンドでライブ配信!
6/12(月)開幕「男子テニスATPチャレンジャー プエルトリコ」


■WOWOWオンデマンドはこちら>





■関連ニュース

・ジョコ 錦織は「最も速い」
・錦織vsジョコ 過去の対戦一覧
・錦織 ジョコやナダルと対戦望む

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年6月14日12時08分)

その他のニュース

6月25日

島袋将 ウィンブルドン予選初戦突破 (7時44分)

【告知】錦織圭vsナヴォーネ (6時55分)

6月24日

最後のウィンブルドンは予選敗退 (23時58分)

女子予選、日本勢は本玉真唯のみ (23時17分)

望月慎太郎 ウィンブルドン予選敗退 (22時15分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン予選1回戦 (21時23分)

内山靖崇 鮮やか逆転勝ち (21時22分)

加藤未唯、芝で初準V「自信」 (19時14分)

ジョコがウィンブルドン会場入り (18時26分)

芝初Vで通算3勝目「混乱してる」 (17時59分)

世界1位でV フェデラー以来2人目 (17時27分)

ジョコ2位に アルカラス3位へ後退 (16時59分)

引退まで数ヵ月「楽しみたい」 (15時54分)

5本のマッチポイント凌ぎ復活V (13時47分)

今季2勝目 アメリカ勢初のトップへ (12時15分)

加藤/ザン組、芝ツアー準優勝 (10時57分)

大坂なおみ 世界111位へ 今週は休養 (9時50分)

ダニエル太郎、元世界9位に完敗で初戦敗退 (9時24分)

西岡良仁、予選突破し本戦入り (8時12分)

シナー 世界1位として初V、今季4勝目 (7時21分)

6月23日

モンフィスvsティーム 注目の1回戦 (18時49分)

ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊 (17時39分)

上位選手が続々棄権の異常事態 (16時16分)

ズベレフ下し決勝へ 世界7位に浮上 (15時06分)

西岡良仁 芝初戦白星で本戦王手 (12時36分)

カップルで同週に決勝進出、照れ笑い (11時31分)

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

【画像】ウィンブルドン会場で調整を行うジョコビッチ (0時00分)

6月22日

大坂なおみ ウィンブルドン前哨戦欠場 (22時20分)

ダニエル太郎 初戦は元世界9位 (21時45分)

錦織圭 初戦は世界29位に決定 (20時58分)

大坂なおみ、キリオスと混合複出場 (17時30分)

芝で中国史上初の4強 (16時36分)

内島萌夏 パリ五輪出場権獲得 (15時21分)

ナダルの従弟がツアー予選出場 (13時56分)

ルード、チチパスらがウィンブルドン複出場 (12時24分)

西岡、今季芝初戦は予選から (11時06分)

3試合連続フルセット 苦しみながらも4強 (10時01分)

ルーネとフリッツ撃破し4強へ (8時18分)

マレー 背中負傷について声明 (7時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!