国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

再躍進で4位「最高のシーズン」

キャロライン・ガルシア
再躍進を遂げたガルシア
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスで世界ランク4位のC・ガルシア(フランス)がSNSを更新し、復活を遂げた2022年シーズンを振り返った。

29歳のガルシアは2018年9月に自己最高となる世界ランク4位を記録したものの、その後は負傷などの影響もあり、今季6月ごろまでは同70位から80位前後を記録していた。

しかし、以降はW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)を含むツアー3勝をあげるなど調子が上向きとなり、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では4強入り。11月の最終戦WTAファイナルズ・フォートワース(アメリカ/フォートワース、ハード)では大会初制覇を成し遂げ、自己最高位タイの4位でシーズンを終了。約5か月間で世界ランクを70以上上げ、充実したシーズン後半戦となった。

「この11カ月の間に、痛み、悲しみ、喜びで泣いたけど、選手として、人として、多くのことを学んだわ。何度も疑心暗鬼に襲われ、ネガティブな感情に支配された。世界を疑い、もう2度と成功することはないだろうと自分に言い聞かせた。眠れない夜、暴飲暴食、ホテルの部屋で泣き、テニスコートで泣き、松葉杖をつき、悪態をつき、歩き方を学び直し、シューズを探すのに苦労し、肉体的にも精神的にも苦しくなった」

「しかし、私はまたすべての瞬間、すべての困難から学ぶことができた。足のけがは、ある意味私がどれほどコートに戻りたいのか、自分の本当の試合、見るのが好きなもの、攻撃的なテニスをしたいと思わせてくれた」

ガルシアはシーズン前半に足を負傷し約2カ月間ツアーを離脱。苦悩の日々から復活した6月からは大きなタイトルを手にすることができた。

「このけがによって、私はより自由にプレーできるようになった。私は手放すことを学び、自分のミスや予期しないことを受け入れ、自分を信頼し、自分の本能に従うことを学んだ。時々ピザを食べたとしても、次の日の試合結果を変えるつもりはなかった」

「1日1日を積み重ね、ポジティブでいること、自信を持つこと、シンプルな目標である健康であること、日々ベストを尽くすこと、今この瞬間を生きること、自分のゲームを最大限にプレーすること。それをを念頭に置き、最後は自分のキャリアで最高のシーズンを送ることができたの」


>>ガルシアのツイートはこちら<<




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 復帰は「先が見えない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年11月24日11時37分)

その他のニュース

2月28日

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【速報中】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!