- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

大坂「ベスト尽くします!」

大坂なおみ
GS連覇をかけ決勝に挑む大坂なおみ
画像提供: Getty Images
オーストラリアのメルボルンで行われている2019シーズン最初のグランドスラム、全豪オープンテニス(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)。女子シングルス準決勝では、大坂なおみKa・プリスコバ(チェコ)に勝利し、日本勢で初となる決勝進出を果たした。

グランドスラム連覇をかけて、決勝で世界ランク6位のP・クヴィトバ(チェコ)と対戦する。決勝で勝利した選手が世界ランキングで1位に輝くことになり、大坂が優勝した場合、アジア人として初の世界ランキング1位という快挙となる。

準決勝後、WOWOWで解説を務めた鈴木貴男が大坂にインタビューを行った。

===============================

Q. (準決勝を振り返って)第3セットの第2ゲームで、相手の3回のブレイクポイントを覚えていますか?
大坂「もちろん覚えています。本当に大きいターニングポイントでした。」

Q. フォアとバックハンドのエースは自信があったから打ったのですか?
大坂「あのゲーム中は、そうでもなかったです。でも、(その後を)乗り越える助けになりました。自分のサービスゲームの多くをキープ出来ると分かったので、あのゲームの後には自信を持てました。」

Q. 試合中、笑顔を見せたり相手のショットを讃えていましたが、いつもと違う心持ちでしたか?
大坂「自分に“これはグランドスラムの準決勝だ”と言い聞かせました。ここにいることがハッピーであるべきだと。トップ10選手が相手ですし、彼女は本当にすごいので“自分にそれほど厳しくすべきじゃない”と。」

Q. 最終セットではゲームごとにドキドキしていましたか?
大坂「はい。彼女は良いリターナーの1人だと思っていますし、とても攻撃的ですから、ストレスのレベルを下げておくのが大変でした。」

Q. 決勝へのイメージはどうですか?
大坂「もちろん早くブレイクを取りたいと思っています。基本的なイメージはそれだけです。自分のサーブをキープして、ベストを尽くします!」

Q. 決勝までは何をして過ごしますか?
大坂「たくさん休養をとって、今この立場にいることを実感して喜びたいと思います。」

Q. 最後に、応援している皆さんにメッセージをお願いします!
大坂「皆さん、こんにちは!グランドスラムの決勝に残りました。今年もまた活躍出来ることを願っています。いつも応援ありがとうございます!!」

===============================

プリスコバの鋭い球際の攻めにきっちり対応する大坂なおみ/全豪オープンテニス2019 準決勝【WOWOW】
https://youtu.be/8nOgLWWrpp8

女子シングルス決勝は、日本時間26日の17時30分(現地26日の19時30分)以降に開始予定。


◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★『全豪オープンテニス』
女子シングルス決勝「大坂なおみ(日本)vs ペトラ・クビトバ(チェコ)」
1月26日(土)午後5:15〜 生中継[WOWOWライブ]

★『大坂なおみ決勝進出!全豪オープンテニス2019 準決勝 プリスコバvs大坂』
1月26日(土)午前7:50〜 リピート放送[WOWOWライブ]

■詳しくはWOWOW テニスオフィシャルサイトをご覧ください!
http://www.wowow.co.jp/sports/tennis/

(株式会社WOWOW)


■ 関連ニュース

・大坂 左利きクヴィトバに不安
・松岡氏、錦織と大坂を労う
・大坂なおみ 日本語で感謝の言葉

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年1月26日9時08分)

オススメ記事
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!