- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 初8強、23年ぶり快挙

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は9日、男子シングルス4回戦が行われ、第24シードの錦織圭が世界ランク138位のE・ガルビス(ラトビア)を4-6, 7-6 (7-5), 7-6 (12-10), 6-1の逆転で下して大会初のベスト8進出を果たすと同時に、日本勢男子で1995年に8強入りした松岡修造以来23年ぶりの快挙を成し遂げた。

>>錦織 準々決勝1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

この日の序盤、錦織は予選から勝ち上がってきた元世界ランク10位のガルビスの強打に押され、第5ゲームではダブルフォルトなどのミスにより0-40とブレークポイントを握られる。それからはデュースに追いつくも、ガルビスに鋭いバックハンドのウィナーを決められてブレークを許すと挽回できず第1セットを落とし、右腕をマッサージを受けた。

第2セットもガルビスの強烈なサービスにタイミングが合わず、ストローク戦ではミスを重ねた錦織は試合中も険しい表情を見せた。第10ゲームではミスをした際に地面へラケットを投げるも、タイブレークを接戦の末に取りセットカウント1−1に追いつくと、徐々に本来の力を発揮する。

第3セットはブレークチャンスを活かすことができなかったが、バックハンドのウィナーを決めて場内を沸かせた。タイブレークでは3本のセットポイントを逃すも、4本目をものにしてセットカウント2−1と勝利へ王手をかける。

第4セットは勢いに乗る錦織がサービスエースやウィナーを決めて2度のブレークに成功し、逆転勝ちをおさめた。

準々決勝では、第12シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と世界ランク40位のK・カチャノフの勝者と対戦する。

28歳の錦織は、四大大会全てでベスト8進出となった。

ウィンブルドンテニスをWOWOWにて連日生中継。
外出先でもオンデマンド配信で楽しめる!

【配信予定】
2018年7月2日(月)〜7月15日(日)

■詳細・放送スケジュールはこちら>






■関連ニュース

・「パニック」錦織に敗れる
・フェデラー ユニクロ「15枚」
・怒りジョコ 観客の咳や口笛

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2018年7月10日1時09分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!