- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

佐藤久真莉 スーパーJr複V

佐藤久真莉
(左から)パク・ソヒョンと佐藤久真莉
画像提供: tennis365.net
ITFジュニアサーキット グレードAの大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会(大阪府/江坂テニスセンター、室内ハード)は21日に女子ダブルス決勝が行われる予定だったが、第3シードのチェン・スアン(台湾)/ ワン・シィユ(中国)組が試合前に棄権。この結果、佐藤久真莉(CSJ)/ パク・ソヒョン(韓国)組が優勝となった。

>>ストックホルムOP 対戦表<<

今大会、佐藤/ パク組は準々決勝で第1シードの内藤祐希(TEAM YONEZAWA)/ 佐藤南帆(有明ジュニアTA)組、準決勝では第6シードのD・ヒンドーヴァ(トルコ)/ O・オルパナ(フィンランド)を破って決勝まで勝ち上がった。

表彰式後、インタビューに応じた佐藤は「アグレッシブにやろうということを試合中とかにも(パクと)話して、意識していました。ダブルスでも勝つということは自信にもなりますし、シングルスで負けて課題になったところとかもダブルスで試してみたり、調整出来たりしたので、良かったです」と振り返った。

ペアのパクも「久真莉がすごくいいプレーしてくれた。今日はたまたま試合が無くなったけど、昨日は久真莉がベストプレーヤーだったと思う。最高のパートナーで、その後をついて一生懸命プレーした。自分のプレーには満足している」とコメントした。

両者は今後、メキシコで行われるITFジュニアサーキット グレードAにペアを組んで出場予定。来年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ジュニアについて佐藤は「まだわからないですけど、私は(ペアを)組みたいです」と話した。






■関連ニュース■ 

・佐藤久真莉「すごく嬉しい」
・佐藤久真莉「すごい良い経験」
・最年少の佐藤久真莉は準優勝
(2017年10月21日17時59分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!