- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

王座女子 決勝は早稲田と筑波

ボール
全日本大学対抗テニス王座決定試合
画像提供: tennis365.net
大学テニスの日本一を決める全日本大学対抗テニス王座決定試合(東京/有明テニスの森公園、ハード)は12日、女子準決勝が行われ、第1シードの早稲田大学(関東第一代表)と第2シードの筑波大学(関東第ニ代表)が決勝進出を果たした。

準決勝2試合の結果は以下の通り。

(1)早稲田大学 4-1 (3)関西大学

D1:上唯希/ 大矢希 4-6, 6-0, 6-4 越野菜摘/ 大野菜々子
D2:細沼千紗/ 清水映里 2-6, 6-0, 7-6 (7-3) 佐野結花/ 鈴木麻緒

S1:清水映里 6-2, 6-3 越野菜摘
S2:細沼千紗 6-2, 6-4 沈清河
S3:上唯希 6-1, 4-6, 3-2ret 橘彩音

(2)筑波大学 5-0 (4)大阪教育大学

D1:米原実令/ 森崎可南子 6-4, 6-4 田中千愛/ 清水梨沙
D2:並木友花/ 牛島里咲 7-5, 6-4 井手梨香子/ 浦上喜帆

S1:牛島里咲 6-2, 6-2 井手梨香子
S2:森崎可南子 6-1, 7-5 浦上喜帆
S3:岩井真優 6-3, 6-4 田中千愛

今大会は各地区予選を勝ち抜いた10校で争われ、ダブルス2本、シングルス3本の計5本勝負。

昨年の全日本大学対抗テニス王座決定試合では早稲田大学が筑波大学を破って11年連続12度目の優勝を飾った。

13日に行われる予定だった女子決勝は、雨による悪天候のため順延となった。






■関連ニュース■ 

・大学王座 女子結果一覧
・林/上杉組が金メダル獲得
・インカレ 早大の清水映里がV
(2017年10月13日12時53分)

その他のニュース

7月20日

ブシャール 接戦制し8強 (13時24分)

連覇狙うルブレフ 8強入り (12時25分)

結婚発表 世界9位プリスコバ (11時04分)

フェレール 連覇の夢消える (7時38分)

7月19日

地元V狙うブザルネスク8強 (23時25分)

テニスが変わるレッスンとは (19時07分)

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

7月18日

シュワルツマン 初戦敗退 (22時22分)

東レ2018にトップ10から3選手 (19時48分)

連覇狙うフェレール 初戦突破 (19時32分)

全米OP 賞金総額59億円に (18時34分)

錦織 チャンとエキシビション出場 (17時51分)

NextGen最終戦ランキング (16時05分)

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!