- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

テニスタレントが語るテニス愛

メイ・イズモト
取材に応じたメイ・イズモト
画像提供: tennis365.net
tennis365.netは8日、タレント・俳優活動の傍らテニス普及活動やジュニア選手の育成を行っているメイ・イズモトに独占インタビューを行った。

「僕は小さい頃からテニスにお世話になってきました。テニスと共に青春時代を過ごし、いろいろ学びました。」





45歳のメイは、大阪府堺市出身。小学校からテニスを始め、高校はテニスの強豪校、清風高校に進学。全国選抜高校テニス大会では団体戦で3位に入賞した実績を持つ。

「いつかテニスに恩返しがしたいという思いがいつもありました」と話すメイは、競技から離れた時期もあったが、テニスへの思いを忘れることが出来ず、復帰。

現在はタレント活動をしながら、自身もプレーヤーとしてトーナメントを転戦。他のタレントや芸人と共にテレビやラジオをの企画やイベントなどを通じてテニスの普及活動を行っている。

メイは「今の自分のこの立場だからこそテニスに恩返し出来ることがあるのではと思い、自らもまたテニスをはじめ、ボランティアで子供達を指導したり地道にテニス普及活動をしていました。」

「そんな活動をしている時にテニス雑誌の連載の話をいただきました。テニスに興味ない人達にもテニスに興味を持ってもらえたら!と思い、毎月面白くテニスを表現したりテニスと縁のないタレントさんに連載に出ていただき、テニスのことを全く知らない皆さんが僕の連載を読んでテニスに興味持っていただいたという話しを聞くととても嬉しくなります。これからもタレント、俳優活動をしながらテニス普及活動も頑張りたいと思います」とタレント活動とテニス普及活動の両立のきっかけと思いを語った。

また、テニス普及活動の一貫としてジュニアプレーヤーの指導も行っているメイは「テニスを通じた人間育成、錦織圭のように世界で活躍出来るプレーヤーを育てたい」と話す。

「ジュニア育成はとても楽しいですね。日に日に上達していく子供達をみていると嬉しくてたまりませんよ。子供達にはテニスからいろいろ学んでもらい、立派な大人になってもらいたいと僕は思っています。その手助けを僕がこれからもできたらと熱く思います。」





「いつも楽しくテニスを僕と一緒にして、僕の生トークがテニスしながら聞けるなんてすごくお得(笑)」と冗談を交えながら話すメイは「テニスが大好きになってもらえる子供達が1人でも増えるといいなと思います。ジュニアのみんな、僕と一緒にテニスやりましょう」とジュニア育成への思いを語った。

tennis365.netはメイと合同で行うテニスイベントの開催を予定している。

>>メイ・イズモト 公式ツイッター<<

>>メイ・イズモト テニスクリニック 参加者募集中<<


■関連ニュース■ 

・フェデラーら豪華メンバー激突
・エース杉田「ホッとしてます」
・錦織14位 18日付世界ランク
(2017年9月20日17時29分)

その他のニュース

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!