- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 芝は番狂わせ起きやすい

7月3日に開幕するテニスのウィンブルドン(イギリス/ウィンブルドン、芝、グランドスラム)は1日、第3シードの錦織圭が会見で、サーフェスの芝について「番狂わせが起きやすいコートではあるので、よりケアしながらやりたいです」と警戒した。

>>ウィンブルドン対戦表<<

>>ウィンブルドン賞金一覧<<

近年の錦織は芝のシーズンと相性が悪く、2015年から5大会連続で棄権している。前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)では2回戦で臀部の負傷により無念の途中棄権。

グランドスラムで唯一8強へ手が届いていないウィンブルドンについて、錦織は「ここで、いい結果を残したいという気持ちはある」と意気込んでいる。

今大会は、2014年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)以来となる上位8シード外となった。

「8シードから外れると若干不安。確率的に優位に進めるためには、8以内には入っておかなければいけない。おかれた状況で頑張るしかないです」

初戦では、世界ランク105位のM・チェッキナート(イタリア)と対戦する。

上位シード勢が順当に勝ち進むと、3回戦で第18シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)、4回戦で第7シードのM・チリッチ(クロアチア)、準々決勝では今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制した第4シードのR・ナダル(スペイン)と顔を合わせる厳しい組み合わせ。

1日に錦織は、午前に第10シードのA・ズベレフ(ドイツ)、午後には第24シードのS・クエリー(アメリカ)と練習を行い、芝の感触を確かめた。






■関連ニュース■ 

・錦織 杉田を評価「30・20位」
・錦織 ラケット破壊を語る
・錦織の棄権をキリオス擁護
(2017年7月2日15時38分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!