- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヴィーナス 元女王対決制す

女子テニスのBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTAプレミア)は11日、シングルス2回戦が行われ、第12シードのV・ウィリアムズ(アメリカ)J・ヤンコビッチ(セルビア)との元女王対決を1-6, 7-6 (7-5), 6-1の逆転で制し、初戦を突破した。

>>錦織vsエヴァンス1ポイント速報<<

今大会のシード勢は1回戦免除のため、この日が初戦だったヴィーナスはヤンコビッチに4度のブレークを許して第1セットを落とし、第2セットもゲームカウント1−4とリードされる。

しかし、崖っぷちから息を吹き返しセットカウント1−1に追いついたヴィーナスはファイナルセットでファーストサービスを78パーセントの確率で入れて流れを掴み、1時間46分で勝利した。

元世界ランク1位のヴィーナスは今回の勝利で、ヤンコビッチとの対戦成績を7勝7敗のイーブンにした。

3回戦では、第20シードのC・バンデウェイ(アメリカ)L・サファロバ(チェコ共和国)の勝者と対戦する。

現在36歳のヴィーナスは、今年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で14年ぶり2度目の決勝進出を果たし、妹のS・ウィリアムズ(アメリカ)にストレートで敗れるも、四大大会では2009年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)以来 約8年ぶりの準優勝を飾った。

過去のBNPパリバ・オープンでは1998・2001年にベスト4進出。昨年は初戦の2回戦で奈良くるみにストレートで敗れた。






■関連ニュース■ 

・セリーナ 姉ヴィーナスに感謝
・フェデラーら4選手30代が決勝
・全豪準Vヴィーナス 初戦敗退
(2017年3月12日15時52分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!