- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全豪快挙のエリミユ 逆転勝ち

女子テニスツアーの台湾オープン(台湾/台北、ハード、WTAインターナショナル)は31日、ダブルス1回戦が行われ、第4シードの穂積絵莉/ 加藤未唯組がB・クレチコバ(チェコ)/ G・ウォスコボエワ(カザフスタン)組に3-6, 6-3, [10-8]の逆転で勝利し、2回戦進出を果たした。

ブレークのチャンスを1度も握ることができず、第1セットを落とした穂積/ 加藤組だったが、第2セットでは3度のブレークに成功してセットカウント1−1に。スーパータイブレークを制して1時間5分で勝利した。

2回戦では、L・チャン/ S・ゼン組とN・ザラミズ(ロシア)/ M・ミネッラ(ルクセンブルグ)組の勝者と対戦する。

穂積/ 加藤組は、前週まで行われていた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で、日本人ペア史上初のベスト4進出の快挙を成し遂げた。ノーシードから勝ち上がり、第4シードのS・ミルザ(インド)/ B・ストリツォワ(チェコ共和国)組、M・ルチッチ=バーロニ(クロアチア)/ A・ペトコビッチ(ドイツ)組らを破って準決勝進出を果たしたが、B・マテック=サンズ(アメリカ)/ L・サファロバ(チェコ共和国)組に敗れて惜しくも決勝進出とはならなかった。

1月30日に発表されたWTAダブルス世界ランキングでは、穂積が29位、加藤が30位に浮上し、自己最高位を記録している。

両者は、今大会シングルスにも出場。穂積は予選1回戦で敗退、加藤は予選2試合を勝ち抜いて本戦出場を果たしたが、第4シードのA・セバストバ(ラトビア)にストレートで敗れ2回戦進出とはならなかった。






■関連ニュース■ 

・穂積/加藤「あと一歩だった」
・日本ペア 史上初の決勝ならず
・全豪快挙の穂積/加藤 初TOP30
(2017年2月1日11時17分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!