- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ「仕事はした」

女子テニスの国別対抗戦のフェドカップ決勝戦 チェコ共和国 対 ロシア(チェコ共和国/プラハ、ハード)は15日、優勝を決めるダブルスが行われ、A・パブリュチェンコワ(ロシア)/ E・ヴェスニナ(ロシア)組がKa・プリスコバ(チェコ共和国)/ B・ストリツォワ(チェコ共和国)組に6-4, 3-6, 2-6の逆転で敗れ、ロシアは2勝3敗で優勝を手にすることは出来なかった。

敗れたロシアのA・ミスキナ(ロシア)監督は「我々は必死になったし、ベストを尽くした。選手達のプレーは誇りに思う。負けてしまったけど、これが今年のフェドカップの結末。」と、敗戦ながらも悔いがない思いをコメントしていた。

今回、あまりフェドカップには出場していないM・シャラポワ(ロシア)の参加で、ロシアの優勝への期待が高まっていた。実際シャラポワは、出場したシングルス2試合で勝利を飾っていた。

14日のシングルスではプリスコバに6-3, 6-4で勝利し、15日に行われたリバース・シングルスのエース対決ではクヴィトバを3-6, 6-4, 6-2の逆転で下していた。

エース対決を制したシャラポワは「個人的には最高の達成感だった。フェドカップの決勝戦は初めてだったから。そして2試合に勝利も飾れた。」

「ペトラ(クヴィトバ)は、第1セットでは信じられないプレーをしていた。本当に攻撃的で、全てのショットが深かった。第1セットでは流れが掴めなかった。でも第2セットに入ったら、またエネルギーが湧いて来たの。」と素直な気持ちを述べ、この試合を振り返った。

「この決勝戦には、シングルス2試合へ出るためにやってきた。そして自分の仕事はしたつもり。」と語るシャラポワは、過去4回フェドカップに出場したがそのいずれも1回戦でのことで、その全てで勝利へ貢献していた。

今年は、来年のリオデジャネイロ五輪への出場を熱望しているため、シャラポワは1回戦のポーランド戦に出場し勝利へ導いた。しかし、次の準決勝には足の怪我のために出場できずにいた。

「本当に特別なもの。」とシャラポワ。「この戦いは自分だけのためにプレーしているのではなく、チームメイトのために、そして祖国のためにプレーしている。独特な思いだし、とても特別。」とフェドカップへの思いを語っていた。

また、パブリュチェンコワとのシングルスで勝利を飾った23歳のプリスコバは「この勝利は確実に自分のテニス人生の最高の勝利の1つ。試合を本当に楽しんだし、勝ててとても嬉しい。」と語ると、試合直後は会場を埋め尽くした13,000人の観客も喜びで溢れていた。

(STATS - AP)








■関連ニュース■ 

・シャラポワ「テロはショック」
・シャラポワ 錦織を絶賛
・シャラポワ ブーイング浴びる
(2015年11月16日16時02分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!