- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワ 美女対決制す

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は25日、女子シングルス1回戦が行われ、第5シードのM・シャラポワ(ロシア)が元世界ランク10位のM・キリレンコ(ロシア)を6-4, 6-0のストレートで下し、2回戦進出を決めた。

両者は今回が8度目の対戦となり、シャラポワはキリレンコとの対戦成績を6勝2敗とさらにリードを広げた。

シャラポワのサービスゲームから始まったこの試合、1ポイント目にダブルフォルトを犯したシャラポワは、第1ゲームからキリレンコにリードを許すもサービスキープ。

第5ゲームでシャラポワは、キリレンコにこの試合初めてのブレークを許す。キリレンコにゲームカウント2−4とリードされる場面もあったが、シャラポワがそこから4ゲーム連取し、第1セットをゲームカウント6−4で先取した。

第2セットでシャラポワは、厳しいコースにボールを運び、キリレンコを苦しめた。ゲームカウント3−0とシャラポワがリードしたところで、キリレンコはトレーナーを呼び、左足首にテーピングを施した。

その後もシャラポワの勢いは衰えることなく、第2セットをゲームカウント6−0で制して順当に2回戦進出を決めた。

2回戦でシャラポワは、A・ドゥルゲル(ルーマニア)と対戦する。

過去同大会でシャラポワは、2006年に優勝を飾っている。昨年は右肩の怪我により欠場しており、2012年は準決勝でV・アザレンカ(ベラルーシ)に敗れて決勝進出とはならなかった。今大会には2年ぶりの出場となる。

今年の全仏オープンでは、決勝でS・ハレプ(ルーマニア)を下して優勝を果たしており、今回は今季グランドスラム2度目のタイトル獲得を狙う。

《全仏オープン優勝の記事はこちら》

一方、敗れたキリレンコは、昨年の全仏オープンでB・マテック=サンズ(アメリカ)を下して大会初のベスト8進出を果たした。

過去の全米オープンでは、2011年に4回戦進出を果たしたのが最高成績となっている。


《全米オープン2014特集ページはこちら》



■関連記事■ 

・ハレプ 大学王者に苦戦
・奈良 くるみ「自分のテニス貫けた」
・クルム伊達 元1位に逆転許す
・奈良 くるみ「今1番いい時」


■関連動画■ 

・決して諦めないモナコが見せた気迫溢れるプレー!
・連覇を懸けて戦うロブレドが絶好調クエバスと激突!
(2014年8月26日13時33分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

12月16日

錦織 15歳のジュニア1位を祝福 (11時23分)

デ杯と五輪見据え国籍を変更 (10時29分)

ティームら3選手が出場表明 (9時07分)

プリスコバ「誇りに思う」 (7時10分)

12月15日

元1位ヒューイット 全豪複出場 (21時21分)

ディミトロフが5年ぶりに出場 (20時10分)

キリオスら使用の新デザイン (19時13分)

錦織に大逆転勝利が2位に (16時50分)

<訂正>Jr世界チャンピオンに選出 (14時20分)

ジョコ 大逆転5位、MP5本しのぐ (12時15分)

全米女王 大学卒業で学位取得 (10時37分)

1月 WTAツアーと全豪の日程 (8時21分)

12月14日

1月 ATPツアーと全豪の日程 (21時09分)

ジョコ、チェコに挟まれる (20時02分)

清水悠太に独占インタビュー (16時38分)

ジョコら豪華メンバーが集結 (14時21分)

一般男性と2度目のデート (10時37分)

シンシナティ 経済効果70億円 (7時52分)

12月13日

ブシャールらホバートに出場 (22時34分)

マレー トランプ氏への口撃続く (20時35分)

小島瑠璃子がラリーに挑戦 (19時04分)

錦織出場 ブリスベン無料放送 (18時50分)

大波乱 ジョコ2回戦敗退が1位 (17時20分)

フェデラーとナダル 賞総なめ (16時20分)

ワウリンカ撃破の21歳が4位 (14時50分)

キリオス サイン入りラケット (12時00分)

錦織 フロリダに向け出発 (11時30分)

フェデラー 1382戦で棄権ゼロ (10時27分)

元女王、全豪のWC獲得 (8時49分)

クエリーら2選手がNYに出場 (7時49分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!