- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】完全復活の錦織圭、男になった添田豪

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)で2年ぶりに四大大会の初戦敗退を喫した錦織圭(日本)。ハードコートシーズンで満足いく結果を残せなかった錦織は、その後国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦にエースとして出場し、完全復活を印象付けるプレーを披露した。

今年のデビスカップで、日本は錦織が不在の中、アジア・オセアニア・ゾーン1部1回戦でインドネシアに5勝0敗、さらに2回戦では韓国に3勝2敗で勝利を収め、ワールドグループ入れ替え戦進出を果たした。

コロンビア戦で錦織は大会初日の第1試合に登場し、A・ファリャ(コロンビア)と対戦した。サウスポーのファリャは2010年のウィンブルドン1回戦で、R・フェデラー(スイス)に対して7-5, 6-4, 4-6, 6-7 (1-7), 0-6で敗れるも大健闘した経験があった。

錦織とファリャの一戦、試合序盤から不調だった錦織がこれまでの力を取り戻したラリー戦を展開した。そして、ファリャの19本を上回る28本のウィナーを決めた錦織が、11度のブレークチャンスから5度のブレークに成功し、1時間50分で日本が1勝目をあげる幸先の良いスタートを切った。

当時、錦織は「この1勝目はチームにとっても大きく、自分にとってもいい試合が出来た。今日はプレッシャーというか、自分がこの試合でどこまで力を出せるかだった。素直にいいプレーが出来て嬉しいです。」と、コメントした。

しかし、その後は添田豪(日本)S・ヒラルド(コロンビア)に接戦に末に敗れ、杉田祐一(日本)/ 伊藤竜馬(日本)組はJ・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)組に完敗と、日本は通算1勝2敗と崖っぷちに追い込まれた。

大会最終日の第1試合、錦織はヒラルドとのエース対決に挑んだ。錦織は大会初日と同様に試合の主導権を握り続けてヒラルドに隙を与えないプレーを展開し、6-1, 6-2, 6-4のストレートで制した。

この試合、錦織はダブルフォルトを1本も犯さず、ヒラルドに1度もブレークチャンスを与えない完璧に近いサービスゲームを展開。また、ファーストサーブが入った時には89パーセントの高い確率でポイントを獲得した。

さらに24本のウィナーを放ち、ヒラルドのサービスゲームで9度のブレークチャンスから5度のブレークに成功した錦織は、1時間43分で勝利を収めた。

「嬉しいの一言です。日本チームも崖っぷちまできていたので、これで2-2になった。僕のやる事はやった。ここからがどちらに転んでもおかしくない勝負なので、あとはサポートして応援の力で勝ち取りたいと思います。」

その後は重圧がかかる中、添田豪がファリャを4-6, 6-4, 6-3, 6-3の逆転で下し、日本は通算3勝2敗でワールドグループ復帰を決めた。

監督の植田実氏は「苦しい戦いでしたが、1人1人が仕事をしてくれた。その中で何度も辛い思いをしてきた添田豪が男になってくれたと思う。」と、当時話していた。

日本は2014年1月31日から3日間行われるワールドグループ1回戦で、カナダと東京の有明コロシアムで対戦する事が決まっている。

世界ランキング50位以内にいるカナダ人選手はM・ラオニチ(カナダ)V・ポスピシル(カナダ)の2選手。また、ダブルスの名手D・ネスター(カナダ)も強敵である。


■関連記事■

《1勝目あげた錦織「日本の魂を心に刻んで戦った」<デビスカップ>》

《崖っぷちの日本、錦織「笑って終えられるように」<デビスカップ>》

《エース対決制した錦織「やる事はやった」、日本ワールドグループ復帰へ逆王手<デビスカップ>》

《カナダ戦は有明で開催決定<デビスカップ>》

《男になった添田豪、ワールドグループ復帰「チームに助けられた」<デビスカップ>》

《【コラム】ナダルが認める錦織の強さと可能性》


■関連動画■

《2013年スーパープレー1位を発表!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》

《2013年のスーパープレーベスト10を発表!ジョコビッチやナダルの驚異的なショットも!ATP男子ツアーマガジン Vol.198》

《ジョコビッチも唖然の完璧なドロップショットに観客が熱狂!ATP男子ツアーマガジン Vol.196》
(2013年12月16日11時12分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月5日

【告知】ゴファンvsノリー (14時54分)

【告知】ジョコビッチvsシナー (14時16分)

ユニクロ英イベント 国枝ら登場 (13時51分)

マレー 16年ぶりにWCで出場 (12時07分)

WBJr日本勢、木下晴結が16強 (11時28分)

好調ハレプ 失セット0で8強 (10時42分)

ナダル8強「驚くべきこと」 (8時22分)

キリオス 痛めた右肩に言及 (7時38分)

フリッツ 完勝でGS初8強 (6時56分)

「キリオスは芝最高の1人」 (6時05分)

ガリン 大逆転でGS初8強 (5時24分)

ナダル WBで8度目の8強 (4時58分)

【1ポイント速報】ナダルvsファン・デ・ザンスフルプ (2時25分)

キリオス 激闘制し8年ぶり8強 (0時49分)

【1ポイント速報】キリオスvsナカシマ (0時25分)

7月4日

シフィオンテク「充電する時」 (23時38分)

柴原/ムハンマド組 8強ならず (21時58分)

WBJr女子 石井ら初戦突破 (13時10分)

WBJr男子 日本勢は初戦敗退  (11時44分)

ジョコ WB25連勝で8強 (11時07分)

フェデラー「ここにいたかった」 (10時12分)

4時間半の死闘制しゴファン8強 (8時32分)

青山/チャン組 WB8強入り (7時26分)

ジョコ WB13度目の8強  (6時41分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsファン・ライトーフェン (3時51分)

シナー初8強 アルカラス撃破 (3時41分)

7月3日

【1ポイント速報】アルカラスvsシナー (21時48分)

元王者フェデラー WBを訪問 (21時12分)

YouTube 長尾克己と田村和也が対決 前編 (20時18分)

ズベレフ 手術後リハビリ公開 (20時15分)

ハレプ16強、次戦はバドサ (12時50分)

ナダル、ネットでの注意を謝罪 (12時14分)

ガウフ 2年連続16強ならず (11時38分)

「フェデラー欠場は寂しい」 (10時58分)

チチパス怒り「本当に愚か」 (10時26分)

連勝記録が37でストップ (9時00分)

キリオス「レベル高かった」 (8時02分)

ナダル「今大会ベストマッチ」 (7時02分)

キリオス16強 チチパス撃破 (5時16分)

ナダル 10度目のWB16強 (4時49分)

【1ポイント速報】ナダルvsソネゴ (2時33分)

【1ポイント速報】キリオスvsチチパス (1時43分)

7月2日

ガスケ 6年ぶりの16強逃す (23時04分)

【1ポイント速報】ガスケvsファン・デ・ザンスフルプ (20時16分)

ニューエラ「テニスコラボ」が発売 (18時35分)

コロナに「過度な心配はない」 (12時58分)

ヴィーナス組 WB混複で初戦突破 (11時52分)

イズナー 歴代トップに「誇り」 (10時34分)

シナー 快勝でWB初16強 (9時05分)

アルカラス WB初の16強 (8時01分)

ジョコ完勝「全体的に満足」 (6時59分)

ジャバー 完勝で2年連続16強 (6時30分)

オスタペンコ 逆転で16強 (5時48分)

サッカリ 初16強逃す「失望」 (5時47分)

ジョコ 完勝で14度目の16強 (1時05分)

【1ポイント速報】ジョコvsキツマノビッチ (0時35分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!