- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

相性良いツォンガに錦織は力発揮出来ず<上海マスターズ>

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード)は10日、シングルス3回戦が行われ、第12シードの錦織圭(日本)は過去2連勝していた第7シードのJW・ツォンガ(フランス)に6-7 (5-7), 0-6のストレートで敗れ、2年ぶりのベスト8進出とはならなかった。

この試合、第1セットをタイブレークの末に落とした錦織は、第2セットに入ると完全に勢いを失ってしまった。第2セットではツォンガのサービスゲーム時に1ポイントも取る事が出来なかった錦織は、このセットだけで3度のブレークを許してしまい、1時間29分で3回戦敗退となった。

両者は今回が3度目の対戦で、錦織はツォンガとの対戦成績を2勝1敗とした。

今大会で錦織は、1回戦でG・ディミトロフ(ブルガリア)、2回戦では元世界ランク8位の実力者J・メルツァー(オーストリア)に勝利し、ツォンガとの3回戦へ駒を進めた。

過去の上海マスターズで錦織は、2011年にベスト4へ進出しており、昨年は2回戦でS・クエリー(アメリカ)に敗れた。

今年、錦織はアメリカ国際インドアテニス選手権でツアー3勝目を飾った。クレーコートシーズンではムチュア・マドリッド・オープン男子でグランドスラム歴代最多17度の優勝を誇るR・フェデラー(スイス)を下す大金星をあげた。

しかし、今季最後のグランドスラムである全米オープンでは、1回戦で予選から勝ち上がったD・エヴァンス(英国)にストレートで敗れる波乱に見舞われ、四大大会では2年ぶりの初戦敗退となった。

その後、国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦ではエースとして出場した錦織は2勝をあげ、日本のワールドグループ復帰に大きく貢献した。そして2連覇を目指した楽天ジャパン・オープンでは、腰の故障が影響してしまい、準々決勝でN・アルマグロ(スペイン)にフルセットの末に敗れた。

一方、錦織に勝利した28歳のツォンガは、ウィンブルドン2回戦で怪我より途中棄権、その後は9月のモゼール・オープンから復帰し、単複で準優勝を飾った。これまでキャリア通算10度のタイトルを獲得しており、自己最高ランクは2012年に記録した5位である。

準々決勝でツォンガは、第3シードのD・フェレール(スペイン)F・マイヤー(ドイツ)の勝者と対戦する。

【錦織圭 上海マスターズ戦歴】

<2013年>
・1回戦 勝利 G・ディミトロフ 6-3, 6-4
・2回戦 勝利 J・メルツァー 6-4, 3-6, 6-1
・3回戦 敗退 JW・ツォンガ 6-7 (5-7), 0-6

<2012年>
・1回戦 勝利 ディ・ウー(中国) 6-2, 6-4
・2回戦 敗退 S・クエリー 6-2, 1-6, 4-6

<2011年>
・1回戦 勝利 R・ハーセ(オランダ)(オランダ) 0-6, 7-5, 7-6 (7-5)
・2回戦 勝利 JW・ツォンガ 6-7 (1-7), 6-4, 6-4
・3回戦 勝利 S・ヒラルド(コロンビア) 7-6 (8-6), 4-6, 6-3
・準々決勝 勝利 A・ドルゴポロフ(ウクライナ) 6-4, 6-3
・準決勝 敗退 A・マレー(英国) 3-6, 0-6

<2010年>
・予選1回戦 敗退 B・ベッカー(ドイツ) 5-7, 6-4, 6-7 (4-7)


■関連記事■

《錦織圭、強豪ツォンガ撃破なるか<上海マスターズ>》

《錦織「大きな意味がある」、腰は「良くなってきている」<上海マスターズ>》

《連覇逃した錦織「最後は腰が痛くて」<楽天ジャパン・オープン>》

《錦織圭は5つ下げる、連覇逃した事が影響<世界ランキング>》

《「タフな状況」から脱したフェデラー、最終戦へ望みつなげる<上海マスターズ>》


■関連動画■

《ジョコビッチが史上9人目の偉業を達成!ATP男子ツアーマガジン Vol.190》

《芸術的なバックハンドを放つ天才ガスケを特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.187》

《フェデラーが不調とラケットチェンジについて語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.185》
(2013年10月10日18時50分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月27日

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

【告知】ナダルvsキツマノビッチ (17時09分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!