- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ウォズニアキ好調なスタート「またあの舞台に」<全米オープン>

女子テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会2日目の27日、シングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位で第6シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)が予選を勝ち上がったY・デュアン(中国)を6-2, 7-5のストレートで倒し、今季最後のグランドスラムで好調なスタートを切った。

「彼女(デュアン)はどんなボールも強打して来た。私はとにかく安定したプレーに努めてボールを追い続けたわ。集中を切らさないようにして、全てのポイントを戦い続けたの。こうして勝てて嬉しい。きっと誰もがサバイバルゲームだと言うだろうし、そこを勝ち抜く1日だったと言うでしょう。綺麗な試合をする事ではなく、自分の仕事をする。それが出来たから、とても満足している。」

と試合について語ったウォズニアキだったが、試合を通してデュアンはウィナーが34本ながらミスも46本と、終始攻撃的なプレーに徹していた。一方のウォズニアキは、ウィナーも11本ながらミスも11本と安定したプレーを見せていた。

グランドスラム本戦のデビュー戦だったデュアンについてウォズニアキは「彼女はフォアもバックもとてもハードにボールを打って来る。本当に良いテニスをしていたから、とても難しい試合だった。こうして走り続けて勝利で試合を終えた事は本当に嬉しい。」と、力強いプレーの印象を語っていた。

ウォズニアキは各グランドスラムでベスト8やベスト4の経験があるが、唯一の決勝進出が2009年のこの全米オープンだった。

「いつもまたあの舞台に立てると信じているの。だから今もその信念は失っていないわ。でもそこまでには、まだまだ長い道のり。だから今は、いつも通り1試合1試合をしっかり戦うのみ。」と、上位進出への意気込みもコメントしていた。

また「今は良い状態でプレーが出来ているし、やりたいテニスが出来ていると感じているの。ハードコートも好きだし、アーサーアッシュ・スタジアムで試合をするのも大好き。こうして初戦も良い形で終われた。とても興奮しているし、またこの大会へ帰って来れて嬉しく思っているわ。」と自身の状態も加えていた。

ウォズニアキはC・シーパース(南アフリカ)と2回戦で対戦する。この日シーパースは予選を勝ち上がったC・シモンズとの同胞対決を2-6, 6-2, 6-1の逆転で制しての勝ち上がり。

《全米オープン 対戦表》

■関連記事■

《元世界1位ウォズニアキに非難の声》

《クレー苦手の元女王ウォズニアキ、波乱の要因を振り返る<全仏オープン>》

《ウォズニアキが水着で挑戦!◇WTAテニスマガジン》

■関連動画■

【無料】歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー
(2013年8月28日16時17分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!