- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

トップ10目指す錦織「目標はベスト4」<ウィンブルドン>

日本期待の錦織圭(日本)がウィンブルドンに参戦する。錦織は今年末までに四大大会でベスト4入り、また世界ランキングではトップ10入りを目指している。

昨年の全豪オープンで、日本人選手としてオープン化時代以降、初めて四大大会でベスト8入りしている錦織は、今大会に賭ける意気込みを次のように話している。

「次の目標はベスト8入りかベスト4入りです。ウィンブルドンではまだ到達したことがないので。」

現在、世界ランキングを自己最高の11位としている錦織は、目標としているトップ10入りも間近である。しかしながら錦織はそれを達成するためにはやるべき課題はある、と述べる。

「トップ10入りは今年、果たそうとしていた目標です。近づいてきていますが、まだまだやらなければならないことはたくさんあります。トップ10入りするまでには依然として長い道のりがあると感じていますが、現在、達成できるように努力を重ねています。」

錦織は14歳のときに島根県からフロリダへ移り、以降、ニック・ボロテリー・テニスアカデミーで指導を受けている。ニック・ボロテリー・テニスアカデミーではA・アガシ(アメリカ)B・ベッカー(ドイツ)J・クーリア(アメリカ)P・サンプラス(アメリカ)といった元世界王者たち、また元世界2位で現在も活躍を続けるT・ハース(ドイツ)、女子では元世界女王のM・ヒンギス(スイス)M・セレス(アメリカ)、元世界女王で現在は世界3位のM・シャラポワ(ロシア)や引退後も人気の元世界8位A・クルニコワ(ロシア)ら、世界のトップ選手への指導実績を有する。

錦織は同アカデミーで順調に力を伸ばし、2008年にはATPツアーで新人賞を獲得、ツアーでは3勝を挙げている。3勝目は今年2月のことで、メンフィスの大会で優勝を決めていた。

錦織は昨年のウィンブルドンでは3回戦に進出、今年は第12シードが付与されている。大会に向けた準備の一環として錦織はエキシビションのBNPパリバ・テニスクラシックに出場、世界5位のR・ナダル(スペイン)と対戦したが6-7(3-7), 6-7(4-7)のストレートで敗れた。また同大会では同2位のA・マレー(英国)とも対戦したが、2-6, 6-7(5-7)のスコアで敗れてのウィンブルドン入りとなっている。

これについて錦織は「マレーとナダルと対戦したことで多少勝負できた。来週に向けてよい準備ができたと思う。」と話している。

錦織は1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場のM・エブデン(オーストラリア)と対戦する。

【錦織圭 ウィンブルドン戦歴】

<2012年>
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

《ウィンブルドン2013 男女対戦表》

《大会1日目スケジュール》

■関連記事■

《【コラム】錦織圭、2セットダウンからの生還◇第5弾 2012激闘シリーズ その2》

《錦織に勝利のナダル「ここでプレー出来て嬉しいよ」<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《錦織はマレーに敗れるも、ナダルとの再戦決まる<BNPパリバ・テニスクラシック>》

《【映像付】ナダルが錦織を称賛「トップ10入りはすぐに叶うだろう」<全仏オープン>》

《錦織がトップ10入りまで、あと1つに迫る<世界ランキング>》

■関連動画■

《錦織圭がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《錦織がナダル、フェレールらと豪華ミニラリー!さらにナダル大会8度目の優勝なるか!?ATP男子ツアーマガジン Vol.169》
(2013年6月24日12時49分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!