- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

日韓戦2勝1敗で最終日へ、ダブルスかみ合わず敗退◇デビスカップ

4月6日に有明コロシアム(東京/有明テニスの森)で行われたテニスの国別対抗戦デビスカップ日本対韓国の2日目、ダブルスで守屋宏紀(日本)/ 内山靖崇(日本)組が韓国チームに敗れ、日本の2勝1敗とし、勝負の行方は最終日に持ち越すこととなった。

この日、ダブルスに添田豪(日本)が出場を予定していたが、守屋宏紀へ選手変更となった。選手変更ついて植田実監督は「動けなくは無かったと思うが、疲れを考慮した。」と説明。試合を振り返って「内山が引っ張りすぎているかなと感じた。韓国チームの良さに対してこちらのプレーがかみ合わなかった。」と続けた。

第1セットで4−1とリードを広げた日本チームだったが、第9ゲームから4ゲーム連取を許しファーストセットを落とすと、勢いを取り戻せぬまま5-7, 1-6, 4-6のストレートで敗退することとなった。

緊張していたと話す内山靖崇は「サービスキープをすることが出来なかった。」と試合内容を省みる。さらに「期待に応えて自分たちの手で日本の勝利を取りたかった。」と残念な表情で述べる。

一方で急遽ダブルスに出場することとなった守屋宏紀は「準備は出来ていました。5−4の場面で取りきることが僕たちには足らなかった。」と振り返った。

翌日に行われるシングルス2試合のどちらかで勝利すると、日本がワールドグループ復帰をかけたプレーオフ進出が決まる。

日本対韓国戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:伊藤竜馬(日本) vs チョン・ソクヨン
・シングルス第2試合:添田豪 vs チョ・ミンヒョク

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:守屋宏紀/ 内山靖崇 vs ナム・ジソン(韓国)/ イム・ヨンギュ(韓国)

【大会3日目】
・シングルス第1試合:添田豪 vs チョン・ソクヨン
・シングルス第2試合:伊藤竜馬 vs チョ・ミンヒョク

■関連記事

《【速報】日本は韓国に勝利決められず◇デビスカップ》

《添田豪が昨年に続き大逆転勝利、韓国に王手◇デビスカップ》

《伊藤竜馬、日韓戦で幸先良いスタート切る◇デビスカップ》

《世界101位の伊藤竜馬、勝因は「トレーニング」◇デビスカップ》

(2013年4月6日18時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!