- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ、女王最年長記録に王手◇カタール・オープン

女子テニスツアーのカタール・オープン(カタール/ドーハ、賞金総額236万9000ドル、ハード)は14日、シングルス3回戦全8試合が行われ、第2シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第4シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)の妹であるU・ラドワンスカ(ポーランド)を6-0, 6-3で退け、世界ランク1位への返り咲きまで、あと1勝と迫った。

セリーナは今大会で準決勝進出を決めると、来週発表の世界ランクで再び1位の座へと返り咲く。31歳のセリーナが女王の座を取り戻すと、C・エバート(アメリカ)が記録していた世界ランク1位の最年長記録を抜き、自身124週目となる1位となる。

セリーナが世界ランク1位の座を124週と記録した場合、過去6番目に長い世界1位在位記録となる。1位はS・グラフ(ドイツ)の377週、2位はM・ナブラチロワ(アメリカ)の332週、3位がエバートの260週、4位はM・ヒンギス(スイス)の209週、5位にはM・セレス(アメリカ)の178週となっている。

この事に関してセリーナは「最高ね。最年少記録は作れなかったから、最年長に挑戦するわ。」と、おどけて語っていた。

現在、世界ランク2位のセリーナは、この日8ゲーム連取する最高のスタートを切り、6-0, 2-0とリードした。その後、この試合唯一のブレークをウルシュラに許したものの、わずか57分で準々決勝進出を決めた。

「いつも彼女(ウルシュラ)と対戦すると、その成長ぶりを感じるの。第1セットはミスも少なかったけど、第2セットではミスが増えてしまった。同時に、彼女のプレーも良くなったの。とても風が強かったけど、自分自身としては良いプレーが出来たと思う。だから、こうして勝利が出来たと思う。」とセリーナは、対戦相手の印象を語った。

そのセリーナと準々決勝で対戦するのは第7シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)で、この日クヴィトバは3回戦で第11シードのN・ペトロワ(ロシア)を4-6, 6-4, 6-3の逆転で下しての勝ち上がりだった。

第1セットを落としたクヴィトバは、第2セットでもゲームカウント0−3と、第3セットもゲームカウント1−3とペトロワにリードされる苦しい展開ながら、その後挽回し、2時間8分の接戦を制していた。

この日行われた試合結果は以下の通り。

V・アザレンカ(ベラルーシ)(1) vs. ●C・マーケイル(アメリカ), 6-0, 6-0
○S・ウィリアムズ(2) vs. ●U・ラドワンスカ, 6-0, 6-3
M・シャラポワ(ロシア)(3) vs. ●K・ザコパロバ(チェコ共和国), 6-3, 6-3
○A・ラドワンスカ(4) vs. ●A・イバノビッチ(セルビア)(13), 6-1, 7-6 (8-6)
S・エラーニ(イタリア)(6) vs. ●D・ハンチュコバ(スロバキア), 7-5, 5-7, 6-2
○P・クヴィトバ(7) vs. ●N・ペトロワ(11), 4-6, 6-4, 6-3
S・ストザー(オーストラリア)(8) vs. ●S・クズネツォワ(ロシア), 6-4, 7-5
C・ウォズニアキ(デンマーク)(10) vs. ●M・バーテル(ドイツ), 7-6 (8-6), 6-3

今大会の優勝賞金は42万6000ドル。

【カタールオープン準々決勝をライブ配信!!】
2月15日(金) 21:30〜
第1試合 M・シャラポワ (3) vs. S・ストザー (8)
第2試合 V・アザレンカ (1) vs. S・エラーニ (6)



■関連記事■

《女王アザレンカがダブルベーグル、自身6度目◇カタール・オープン》

《世界4位ラドワンスカの「嬉しい悩み」とは◇カタール・オープン》

《強風に耐えたウォズニアキは親友との対戦へ◇カタール・オープン》

《相性良いシャラポワ、10勝0敗とする◇カタール・オープン》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年2月15日12時32分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!