- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達公子が語る「年齢は単なる数字」

女子テニスで、40歳を越えても活躍を続けるクルム伊達公子(日本)であるが、まだまだラケットを置くつもりはないと語った。

他の選手達は来シーズンに向けたトレーニングなどを行い調整を開始する中、クルム伊達は12月になってやっと2012年の戦いを終えた。

「私は間違いなく来年もプレーをします。ケガに泣かされてきましたけど、優勝で今シーズンを終えることができたのは良かった。」と語るクルム伊達であったが、11月から12月にかけて、インド(プネー)、日本(豊田)とそしてドバイの3大会で優勝1回、準優勝2回の成績を残しポイントを獲得。世界ランクを100位以内に戻していた。

《「クルム伊達公子が苦闘を制して優勝◇ドバイ大会」過去記事はこちら》

《「クルム伊達公子が大きくジャンプアップ◇世界ランキング」過去記事はこちら》

「試合の結果はあまり気にしないんです。ただ試合を楽しむようにしている。でも、まだ勝ちたいという気持ちは失っていませんけどね。」と、クルム伊達。

「インタビューではいつも年齢のことを聞かれる。4年前にコートに戻ってきた時からずっと年齢のことばかり聞かれているかた、もう慣れてしまいましたけどね。でも、テニスの話を聞いてほしいですよね。」と、語った。

クルム伊達が対戦する選手のほとんどが若い世代の選手であり、ドバイ大会でクルム伊達が下した5人の対戦相手はすべて1990年以降に生まれた選手であったが、若い選手との試合の進め方を完全に掴んでいるようである。

「時々若い選手と話をするんだけど、その時彼女たちの年齢は聞かずに、彼女たちのお母さんが何歳なのかを聞くんです。すると大抵、43とか44とかの答えが返ってくる。それってまさに私の年齢なんですよね。ある時一人の選手に同じ質問をしたら37歳て言われてしまった。もうみんなで大笑いでした。」と、クルム伊達。

「私にとって年齢は単なる数字にしかすぎない。コートで過ごすこの時間を楽しんでいるし、まだグランドスラム大会でもプレーすることができている。勝利を求めていくし、できる限り試合を楽しんで、戦い続けたいと思っている。」と、インタビューに答えた。

(2012年12月15日17時02分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月18日

【速報中】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!