- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

8強出揃いザコパロバ好調の秘訣◇ハンソル韓国オープン

女子テニスツアーのハンソル韓国オープン(韓国/ソウル、賞金総額22万ドル、ハード)は20日、シングルス2回戦残り5試合が行われ、今季ここまで好調で現在自己最高位の27位にランキングしている第7シードのK・ザコパロバ(チェコ共和国)M・リバリコワ(スロバキア)を6-1, 7-6 (8-6)のストレートで下すなど、ベスト8が出揃った。

ザコパロバは第1セットでは、世界ランク56位のリバリコワに1度もブレークポイントを与えず3度のブレークを奪いあっさり先取したが、第2セットはリバリコワに先にブレークを許しゲームカウント3−5とリードされてしまった。

しかしそこからブレークバックに成功したザコパロバはそのセットをタイブレークへと持ち込んだ。そのタイブレークではリバリコワにセットポイントを握られながら、終盤で逆転に成功すると8−6で制し1時間22分で勝利を飾った。

今大会では2010年に準優勝、昨年もベスト4と相性の良い大会にザコパロバは「こうしてまたこの大好きな大会へ戻って来れて嬉しい。人々もとても親切だしたくさんのファンもいるの。きっとそれは、いつもこの大会では良い成績を上げられているからだと思う。この大会のハードコートはとても良い状態だから、このコートでプレーする事が大好き。」と、その思いを語っていた。

30歳にして好調なプレーに何か秘密でもと問われると「秘密なんかないわ。今のコーチとはもう3年の付き合い。ハードな練習を一緒にやって来て、それがこの結果に結びついていると感じている。もう長くプロ生活を送っているけど、今でもそれをエンジョイしているし、体もフィットしているわ。大きな怪我もない事もラッキーだし、とても楽しんでいるの。出来るだけ長く現役を続けたいって思っている。」と今の生活に満足気だった。

準々決勝でザコパロバは第1シードのC・ウォズニアキ(デンマーク)と対戦する。ウォズニアキはこの日、予選を勝ち上がったC・ガルシア(フランス)を6-2, 6-3と危なげ無く下しての勝ち上がり。

ウォズニアキとの対戦について「彼女は世界1位に上り詰めた素晴らしい選手。辛抱強いプレーが必要ね。彼女はほとんどミスをしないし、フットワークも最高。彼女に対しては失う物は何もないし、100パーセントのプレーをしてベストを尽くすのみ!」と対戦を楽しみにしていた。

その他、同じく今季好調を続けている第6シードのV・レプシェンコ(アメリカ)A・メディーナ=ガリゲス(スペイン)を6-4, 6-1で倒して、今季4度目のツアー8強入りを果たした。

昨シーズンを110位で終えたレプシェンコだったが、今週発表の最新の世界ランクで21位と急上昇を遂げている彼女。この日も第1セットこそ接戦となったがメディーナ=ガリゲスから1度ブレークを奪い43分で先取すると、一気に主導権を握った。

第2セットでは一気に4ゲームを連取。続くゲームではこのセット唯一のサービスキープをメディーナ=ガリゲスに許したものの、その後のゲームカウント5−1からの第7ゲームでもこのセット3度目のブレークを奪いゲームセット。

好調のレプシェンコは試合を通して1度もブレークポイントさえメディーナ=ガリゲスに許さない完璧なプレーを見せ、わずか77分の快勝で準々決勝へ駒を進めた。

今年に入るまでは2010年4月に1度だけツアー8強入りしただけだったが、今年はこれまで2月のメンフィス、5月のマドリッド、7月のサンディエゴでベスト8入りを果たしている。しかしそのいずれも準々決勝敗退だったレプシェンコは、自身初となるベスト4進出を狙う。

今大会の結果次第では、自身初のトップ20入りに成功するレプシェンコは、その準決勝進出を懸けてT・パスゼック(オーストリア)と準々決勝で対戦する。この日パスゼックは、主催者推薦のS・リーを6-2, 6-0で一蹴しての勝ち上がり。

また、この日は第4シードのN・ペトロワ(ロシア)と昨年の優勝者であるMJ・マルチネス=サンチェス(スペイン)との試合が予定されていたが、ペトロワが腰の痛みを訴え試合開始前に棄権を申し入れたため、マルチネス=サンチェスは労せず不戦勝でベスト8へ名を連ねた。

マルチネス=サンチェスは大会2連覇を目指して第8シードのE・マカロバ(ロシア)と準々決勝で顔を合わせる。この日マカロバは、予選勝者のJ・ハンプトン(アメリカ)を6-3, 7-5のストレートで下しての勝ち上がり。

この日行われた試合結果は以下の通り。

C・ウォズニアキ (1) ○-× C・ガルシア, 6-2, 6-3
MJ・マルチネス=サンチェス ○-× N・ペトロワ (4), (不戦勝)
V・レプシェンコ (6) ○-× A・メディーナ=ガリゲス, 6-4, 6-1
K・ザコパロバ (7) ○-× M・リバリコワ, 6-1, 7-6 (8-6)
E・マカロバ (8) ○-× J・ハンプトン, 6-3, 7-5
T・パスゼック ○-× S・リー, 6-2, 6-0

今大会の優勝賞金はシングルス3万7000ドル。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年9月21日11時01分)

その他のニュース

2月27日

ナダルが称賛「危険な選手」 (18時10分)

錦織 シャラポワへコメント (17時30分)

ナダル戦へ、韓国クォン8強 (17時06分)

【告知】アカプルコ準々決勝 (16時44分)

MP2本しのぎ逆転で8強へ (16時04分)

ナダル 3年ぶりの8強に進出 (15時48分)

【1ポイント速報】ナダルvsキツマノビッチ (13時53分)

世界3位撃破で8強入り (12時49分)

22歳ポール ズベレフ破り8強 (12時36分)

引退シャラポワ「準備できた」 (11時48分)

日比野菜緒 完敗で8強ならず (11時39分)

ジョコ 8強で今季15連勝 (10時47分)

内山 モンフィスに敗れ8強ならず (5時14分)

シャラポワが現役引退へ (0時55分)

2月26日

新SPEED 発売間近 (18時11分)

270位が 第1シード破る金星 (17時58分)

MP7本凌ぎ元世界1位撃破 (15時02分)

昨年Vキリオスが途中棄権 (14時21分)

ナダル 快勝で5度目の初戦突破 (13時16分)

ジョコ BIG3は「仲がいい」 (12時34分)

デ杯 無観客試合で開催へ (11時35分)

【1ポイント速報】ナダル、キリオスら (11時31分)

チリッチ破り2回戦へ MP4本凌ぐ (10時51分)

ダニエル太郎 熱戦の末に敗退 (9時16分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsクォン (7時07分)

エース35本決め激闘制す (7時01分)

西岡良仁 ドバイ初戦敗退 (0時04分)

2月25日

【1ポイント速報】内山、西岡 (22時45分)

内山靖崇が勝利 モンフィス戦へ (20時59分)

15歳ガウフ 自己最高49位を記録 (17時29分)

18歳が世界7位を撃破 (17時27分)

初戦突破で今季10連勝 (17時20分)

日本限定モデルが発売へ (14時21分)

ダニエル太郎 LLで本戦入り (12時36分)

錦織31位 西岡は最高位を更新 (12時15分)

日比野 アカプルコ初戦突破 (11時52分)

大坂10位 24日付世界ランク (11時30分)

ジョコビッチ 完勝で初戦突破 (11時08分)

2月24日

西岡良仁「少し見失った」 (17時43分)

ガリン 予選勝者に苦戦もV (17時26分)

チチパス連覇「とても満足」 (17時12分)

錦織 世界ランク31位へ後退 (10時19分)

西岡良仁 自己最高48位へ (10時03分)

西岡 デルレイビーチVならず (7時48分)

【1ポイント速報】西岡vsオペルカ (7時45分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!