- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

世界ランク97位のヨバノフスキが初優勝◇バクー・カップ

女子テニスツアーのバクー・カップ(アゼルバイジャン/バクー、賞金総額22万ドル、ハード)は日曜日に決勝戦を行い、第5シードのB・ヨバノフスキ(セルビア)がJ・コーエンを6-3, 6-1のストレートで下し、見事、トロフィーを手にした。ヨバノフスキは優勝賞金3万7000ドルを獲得した。

ツアー初優勝を決めた20歳のヨバノフスキは、ノーシードから勝ち上がっていたコーエンに終始つけ入る隙を与えず、第1セットの2−2からの11ゲームのうち10ゲームを奪い、コーエンを圧倒した。

試合後、ヨバノフスキは「優勝するために厳しいトレーニングを積んできました。今大会前には大変な練習を2週間重ねて準備をしました。ですので今大会ではよい成績を挙げられると思っていました」と努力に裏打ちされた優勝であることをアピールした。

「簡単な1週間ではありませんでした。特に気温が大変高く、また準々決勝では第1セットを奪われてからの逆転勝ちでした。それを乗り越えられたことで、その後の試合は楽に感じられるようになりました。準決勝以降は気持ちよくプレーできるようになりました。優勝できて本当にうれしく思っています。」

「決勝戦では失うものは何もありませんでした。積極的なプレーを展開することができました。勝ち負けを考えず、どのポイントも奪うつもりでプレーをし、ベストを尽くそうと思っていました。ツアー初優勝を飾ることができて最高です。」

今大会に入る前のヨバノフスキのWTAツアーでの最高成績は、2011年のシドニーの大会でのベスト4入りだった。また準々決勝進出は過去に3度あり、現在の世界ランキングは97位。過去最高位は50位となっている。

一方、惨敗を喫してしまったコーエンだったが、準優勝は次への大きなステップとなった。コーエンはツアーで34度の予選敗退を経験していたが、今年、初めてWTAの大会本選に2度出場すると、3度目の今大会では決勝まで進むことができた。

そのコーエンは「初めて決勝に進めて最高の気分です。決勝の私は少し疲れてしまっていましたが、彼女(ヨバノフスキ)の方がとてもいいプレーをしていました。次回は勝てたら、と思っています。負けてしまってがっがりしていますが、決勝に進めたので喜ぶべきでしょう」と話している。

(2012年7月29日10時45分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!