- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

41本続いたラリー 大激戦をコーエン制す◇バクー・カップ

女子テニスツアーのバクー・カップ(アゼルバイジャン/バクー、賞金総額22万ドル、ハード)は金曜日に準決勝を行い、J・コーエンがO・プチュコワを3-6, 6-0, 6-3の逆転で下し、決勝進出を決めた。試合時間は2時間半にも及んだ。

コーエンとプチュコワの準決勝は大激戦となった。もっとも続いたポイントでは41本のショットが繰り出され、素晴らしいショットとサービスブレークの応酬となった。

準決勝の第1セット、プチュコワはコーエンを畳みかけ、このセットを6−3で先取する。

第2セットに入るとコーエンが底力を発揮し始め、結局、同セットを6−0で奪い返す。

ファイナルセットでは第2セットの勢いを維持したコーエンが早々にブレークに成功、4−1とリードを重ねる。

その後、プチュコワも粘りをみせ、3−4まで追いつくものの、第8、9ゲームをコーエンが連取して第3セットを6−3で奪い、そのまま試合に終止符を打った。

プチュコワは右足首を故障し、試合途中でトレーナーによる治療を受けていた。このため、終盤には両者の動きに差が出てしまった。

勝利したコーエンは決勝で第5シードのB・ヨバノフスキ(セルビア)と対戦する。ヨバノフスキは準決勝で第2シードのA・パノワ(ロシア)を6-2, 6-2のスコアで一蹴しての勝ち上がり。

準決勝のヨバノフスキは試合早々に格上のパノワにブレークされてしまい、そのまま行くかと思われた。

しかしその後のヨバノフスキは完璧なプレーでパノワにチャンスを与えず、1時間強で試合を締めた。

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2012年7月28日11時10分)

その他のニュース

1月21日

ダニエル太郎 隔離現状を報告 (11時29分)

西岡、内山ら コートで練習再開 (9時30分)

ジョコ 全豪OPへ「感謝」 (9時04分)

1月20日

ナダル 12年ぶり出場「楽しみ」 (16時00分)

ヨネックス 新シューズ発売 (14時34分)

ティアフォー コロナ影響語る (13時22分)

大会への不満動画流出を釈明 (11時04分)

メド 昨季序盤の不調理由明かす (9時12分)

大坂 THのアンバサダー就任 (7時26分)

1月19日

アザレンカ 選手に向け声明 (18時17分)

故マラドーナ氏の教え明かす (16時36分)

躍進後の変化「慣れるしか」 (15時05分)

全豪欠場へ「5セットは危険」 (13時55分)

内山「72時間缶詰め」から外出 (11時48分)

父の母国へ支援「基本のこと」 (9時24分)

錦織、隔離措置の現状を報告 (7時52分)

1月18日

YouTube 内山70時間以上も缶詰め状態 (21時46分)

ナダル 歴代初の800週を更新 (16時30分)

錦織41位、西岡56位キープ (15時41分)

フェデラーの会社と契約解消へ (14時38分)

大坂3位 サバレンカ自己最高位へ (13時46分)

錦織41位 18日付世界ランク (12時00分)

ジョコ 全豪OP強さの秘訣とは (11時00分)

全豪OP 完全隔離選手が72名に (10時06分)

ダニエル太郎 搭乗者陽性で隔離 (8時12分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!