- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

全仏オープンを3度制したクエルテンが殿堂入り

男子テニスの元世界ランク1位であるG・クエルテン(ブラジル)が、テニス殿堂入りすることが発表された。「グーガ」の愛称でファンから愛されていたクエルテンは現役時代、全仏オープンのシングルスで1997年、2000年、そして2001年と3度の優勝を果たしていた。

1997年の全仏オープン、当時世界ランク66位であったクエルテンは注目されない存在であったにも関わらず、T・ムスター(オーストリア)Y・カフェルニコフ(ロシア)という全仏のタイトルホルダー達を下して決勝に進出。決勝では、93年と94年に大会を連覇していたS・ブルゲラ(スペイン)をストレートで破り、ブラジル人として31年ぶりとなるグランドスラム制覇を達成していた。

また世界ランク66位でのグランドスラム優勝は、当時としては史上2番目に低いランキングでの快挙であり、クエルテンにとって初めてのツアーレベルでのタイトルがグランドスラムというおまけつきとなった。

この優勝で一気にスターダムに躍り出たクエルテンは、その後の活躍でトップ選手としての地位を確立すると、2000年のツアー最終戦決勝でA・アガシ(アメリカ)を撃破し世界ランク1位の座を奪取。南米出身の選手として史上初となる年度末ランキング1位となった。

同じく2000年、大脳麻痺を患った兄弟に触発されたクエルテンは障害に苦しむ人々を助けるための機関を設立。これまでに4万人を超える人々を支援してきた。この功績が認められて、クエルテンは2003年にアーサー・アッシュ・ヒューマニタリアン賞を受賞している。

今回の殿堂入りについてクエルテンは「テニス人生において、幸運にも多くの勝利に恵まれてきましたが、この殿堂入りは特別なものです。」と喜びのコメント。「自分が成しえたことで最も素晴らしいことは、ブラジルの人たちにテニスの興奮を伝えられたことでしょう。」

(2012年3月9日11時30分)

その他のニュース

9月20日

好調アザレンカを破り4強へ (10時30分)

ジョコ 苦戦も7年連続4強入り (9時09分)

シュワルツマン4強へ ナダル破る (7時23分)

9月19日

錦織 初戦は世界21位と初対戦 (23時12分)

高3テニス大会 沖縄代表が決定 (21時20分)

逆転勝ちで6年ぶりに8強へ (16時31分)

8強ナダル 次戦はシュワルツマン (14時56分)

「キュッパーマルゴーのリキラケってなに?」 (13時29分)

ハレプ快勝、上位勢が8強入り (12時02分)

全国高3テニス 沖縄大会開催 (10時58分)

ジョコ 14年連続ローマ8強へ (9時30分)

錦織撃破の18歳 8強ならず (7時55分)

9月18日

フェデラー CMで歌う姿を披露 (15時35分)

全仏OP 観客動員数を削減 (15時14分)

モンフィス撃破の金星で16強 (13時16分)

フェド杯 来年から大会名変更 (13時16分)

錦織撃破 驚異の18歳が16強 (12時01分)

青山/ 柴原組 ハレプに複で完勝 (11時59分)

大坂なおみ 全仏OP欠場 (9時38分)

アザレンカ 全豪OP女王に完勝 (9時30分)

錦織、驚異の18歳に脱帽 (6時39分)

錦織 18歳の新星に完敗 (5時16分)

【1ポイント速報】錦織vsムセッティ (3時17分)

9月17日

半年ぶりの白星「幸せ」 (16時16分)

19歳シナー チチパス破る金星 (14時52分)

チリッチ、ゴファンに完勝 (12時47分)

35歳ツォンガ 今季終了を報告 (11時20分)

1カ月ぶり白星「きつかった」 (9時05分)

圧勝ナダル「完璧なスタート」 (7時53分)

ナダル 再開後の初戦は白星 (3時31分)

ジョコ「全てうまくいった」 (2時22分)

西岡良仁 ディミトロフに完敗 (2時00分)

【1ポイント速報】西岡vsディミトロフ (1時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!