- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチが史上最長の決勝制し大会連覇◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会14日目の29日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのR・ナダル(スペイン)に5-7, 6-4, 6-2, 6-7 (5-7), 7-5のフルセットで勝利、史上最長となる5時間53分という死闘の末に自身3度目の優勝を成し遂げた。

ファイナルセット第12ゲーム、チャンピオンシップポイントをジョコビッチが決めた時、現地時間はすでに午前1時37分をさしていた。そしてジョコビッチは、1968年のオープン化以降で5人目となるグランドスラム3連勝達成となった。

優勝の瞬間、ジョコビッチはその場に倒れこんで喜びを爆発させた。そしてナダルと抱き合い健闘を称えあうと、ウエアを破りぬぎ雄叫びをあげながら自らの陣営と喜びを分かち合った。

「僕らは今夜、歴史を作りました。しかし、残念ながら2人の勝者とはなりませんでした。」

これでジョコビッチは、昨年の3月からナダルに7連勝となった。その7戦は全て決勝となっており、ナダルは史上初となるグランドスラム3大会連続での準優勝となった。

2009年の決勝ではR・フェデラー(スイス)をフルセットで破っていたナダルは「おはようございます。皆さん。」とジョークで会場を和ませると「ノヴァークおめでとう。彼と彼のチームは素晴らしいことを成し遂げました。」と、チャンピオンを称えた。

これまでのグランドスラム決勝での最長記録は、M・ビランデル(スウェーデン)I・レンドル(アメリカ)を破った1988年のUSオープンでの4時間54分だった。また、全豪オープン決勝での最長記録はビランデルがP・キャッシュ(オーストラリア)を4時間27分で破った1988年大会だった。

昨年のウィンブルドンからグランドスラム3大会連続で同じ顔合わせとなった決勝、第1セット第5ゲームでブレークに成功したナダルが4-2とリードを奪うが、ジョコビッチが第8ゲームでブレークバックに成功する。しかし、第11ゲームで再びナダルがブレークに成功すると、そのまま第1セットを先取する。

これまでのグランドスラム134試合で第1セットを先取した試合では1度しか敗戦した経験がないナダルであるが、この日は次第にファーストサーブでプレッシャーがかけられなくなっていった。

第2セットはディンフェンディング・チャンピオンのジョコビッチが第4ゲームでブレークに成功すると、5-3でサービスゲームのチャンスとなる。続く第9ゲームでナダルがブレークバックに成功したが、第10ゲームでジョコビッチが再びブレークに成功し第2セットを奪取する。

セットカウント1-1で迎えた第3セット、序盤から3-1とリードを奪ったジョコビッチがサービスキープを続け、第8ゲームをラブゲームでブレーク、そのままナダルを押し切り2セット目を奪う。

このままジョコビッチのペースで試合が進むと思われた第4セットだが、第8ゲームで0-40からサービスキープに成功したナダルが再び勢いを取り戻すと、タイブレークでも3-5から4ポイントを連取。2セットオールに追いつく。

そしてファイナルセット、第6ゲームでブレークしたナダルが先手を取ったものの、続く第7ゲームでジョコビッチがブレークバックし試合は再び拮抗する。

ゲームカウント5-5で迎えた第11ゲーム、ジョコビッチがこの日7度目のブレークに成功すると、続く第12ゲームでブレークポイントを切り抜けてキープ、最後はフォアハンドでこの日57本目のウィナーを決めてゲームセットとなった。

(2012年1月30日3時06分)

その他のニュース

3月1日

11連敗阻止「1つ返せてうれしい」 (22時46分)

ルード 21歳シェルトン下し4強 (22時01分)

ルーネ4強 ドイツ人には6戦全勝 (19時43分)

ジョコが大学へ 背面ショット披露 (18時50分)

2024年ジャパンOP日程が決定 (17時47分)

清水悠太 CH通算5度目の4強 (17時03分)

マレーらに次ぐ英国3人目の4強 (16時30分)

あわや大惨事 ベンチに激突し向こう側へ (15時51分)

大学進学せず 17歳がプロ転向決断 (15時14分)

緊迫場面で選手スマホに着信 (13時56分)

マイアミOP ヴィーナスら3選手にWC (12時30分)

11度目の正直 デミノーがチチパス撃破 (11時29分)

【1ポイント速報】デミノーvsチチパス (9時02分)

昨年王者メドら順当に4強入り (8時33分)

錦織 マイアミOP出場を発表 (6時58分)

2月29日

激闘制し30年前の父に並ぶ8強 (22時48分)

ナダル 練習で強烈フォア披露 (21時52分)

19歳フィス 完勝で今季3度目8強 (21時00分)

昨年Vデ ミノー8強 “天敵”と激突 (19時27分)

「マレーが今年引退すると思わない」 (18時30分)

西岡「身体の状態あまり良くない」 (17時32分)

清水悠太 第1シード撃破で8強 (16時34分)

チチパス、ツアー70度目の8強 (14時54分)

ATP サウジ政府系ファンドと提携 (14時32分)

負傷に苦しむ元世界6位 半年ぶり復帰へ (13時16分)

幾多のピンチ乗り越え逆転勝ち (12時24分)

43分圧勝劇で父の記録に並ぶ コルダが8強へ (11時24分)

西岡良仁 世界50位に完敗で8強逃す (10時27分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

【動画】フルカチュ勢い余ってベンチに突っ込む あわや大事故の瞬間 (0時00分)

【動画】試合中、選手のバッグからスマホのコール音が… (0時00分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!