- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルがフェデラーを破り通算6勝達成◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、賞金総額1752万ユーロ、クレー)は大会15日目の5日、男子シングルス決勝が行われ、第1シードのR・ナダル(スペイン)が第3シードのR・フェデラー(スイス)に7-5, 7-6 (7-3), 5-7, 6-1で勝利、2年連続となるタイトル獲得を達成した。

この優勝でナダルは、B・ボルグ(スウェーデン)に並ぶ通算6度目の今大会制覇とるとともに、グランドスラム通算10勝を達成となった。

また、タイトルと同時に世界ランク1位の座をも守ったナダルは「世界で最高の、そして歴史上最高の選手にこの決勝で勝ったことは、自分にとって本当に素晴らしいことです。自分の最も素晴らしい夢の一つです。」と、喜びを語った。

今大会での通算成績を45勝1敗としたナダルは、フェデラーとの対戦成績を17勝8敗とした。またグランドスラム決勝では、6勝2敗としていうる。

今大会の決勝でナダルに4連敗となったフェデラーは「今までのように、彼がクレーコートではベストだ。彼は再び、それを証明した。」と、チャンピオンの強さに脱帽するしかなかった。

25歳のナダルは、ボルグに次ぐ史上2番目の若さでのグランドスラム10勝達成となった。

フェデラーはナダル以外の相手とグランドスラム決勝で対戦したときは、14勝1敗の戦績を残しているが、ことナダルが相手となると今大会で4度、そしてウィンブルドンと全豪オープンの決勝で1度ずつ敗れている。

しかし、この日のフェデラーはナダルから第1セット第2ゲームでいきなりブレークに成功すると、5−2とリードを奪う。そしてナダルのサービスゲームとなった第8ゲームで、フェデラーはセットポイントのチャンスがあったが、ここでフェデラーが放ったドロップショットがアウトとなると、試合の流れはナダルに傾いて行く。

フェデラーのミスもありピンチを切り抜けたナダルは、ここから一気に5ゲームを連取、逆転で第1セットを先取する。

第2セットのオープニングゲームからブレークに成功したナダルが、そのまま試合を支配していくかに思われたが、ナダルが5−4とリードして迎えた第10ゲームの途中で雨による中断を余儀なくされる。

雨が降り止み試合が再開されると、このゲームをフェデラーがブレークバックに成功、このセットはタイブレークに突入する。追いついた勢いを生かしたいフェデラーであったが、このタイブレークではナダルが序盤から4−0とリードを奪い、そのまま2セットアップとリードを広げる。

第3セットでもナダルが先にブレークに成功し4−2とリードするが、第7ゲームでフェデラーがブレークバック、続くゲームをキープして4−4に追いつくと、第11ゲームでもフェデラーがブレークに成功しセットを奪い返す。

そして第4セット、第4、第6ゲームでブレークに成功したナダルが一気にフェデラーを引き離すと、第7ゲームをラブゲームでサービスキープ、歓喜の瞬間を迎えることとなった。

「今日は良い試合だったと思います。」と、試合を振り返ったナダルはフェデラーに対し「ごめんよ。そして彼のチームに賛辞を送ります。」と、ジョークを交えながらフェデラーの健闘を称えた。

(2011年6月6日4時46分)

その他のニュース

6月17日

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

6月15日

大坂らバーミンガム組み合わせ (21時41分)

アンダーソンら芝前哨戦出場一覧 (18時30分)

サーフェス変更も逆転勝ち (18時08分)

内山靖崇「残念」CH4強ならず (17時39分)

チョリッチMPしのぎ逆転4強 (16時58分)

ベルテンス 2試合制し4強 (15時52分)

添田豪 11本エースでCH8強 (14時51分)

MPしのぎ4強入り 激闘制す (13時51分)

フェデラーら レーバー杯参戦 (12時02分)

快勝ラオニッチ「良かった」 (11時22分)

ガスケ 1日2試合制し4強へ (10時52分)

6月14日

錦織に続きティームもハレ欠場 (20時09分)

好調ガリン 今季4度目8強 (19時10分)

モンフィス 激闘の末に敗れる (18時01分)

ズべレフ撃破 復活の兆し (17時09分)

完勝「全てがうまくいった」 (15時00分)

ハチャノフ 完敗で初戦敗退 (13時35分)

ズべレフ 今季初の芝は黒星 (12時02分)

チチパス 風に苦戦で初戦敗退 (11時29分)

錦織 ハレ大会を欠場 (10時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!