- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

バロワがベネソバを逆転で下す◇GDFスエズ・オープン

女子テニスツアーのGDFスエズ・オープン(フランス/パリ、賞金総額61万8000ドル、ハード)は大会初日の7日、シングルス1回戦1試合が行われ、K・バロア(ドイツ)I・ベネソバ(チェコ共和国)を5-7, 6-4, 6-4の逆転で下して1回戦を勝利し、2回戦へ駒を進めた。

バロワは第1セットでは第1サーブを77%の確率で決めるも、自身のサービスゲームでは65%しかポイントが獲得できなかった。一方のベネソバは第1サーブでこそ43%しか決められなかったものの、68%のポイントを奪い、接戦の末にそのセットを奪った。

第2セットに入ると、1度ブレークを奪われたバロワだったが、更にサーブの調子を崩したベネソバから2度のブレークを奪い試合を振り出しに戻した。第3セットでは勢いに乗るバロワが、また2度のブレークに成功し、2時間14分でベネソバを振り切った。

準々決勝進出を懸けてバロワは、第1シードのK・クレイステルス(ベルギー)と2回戦を行う。クレイステルスは先週末行われたフェドカップのワールドグループTの1回戦で、アメリカとの対戦に出場し、シングルスで2勝を飾るなど祖国ベルギーの勝利に大きく貢献して、準決勝進出を決める原動力となっていた。

今大会、上位2シード選手は1回戦が免除になっており2回戦からの登場となる。先に行われた全豪オープンで優勝を飾った第1シードのクレイステルスに続き、第2シードは元世界ランク1位のM・シャラポワ(ロシア)。以下、第3シードにK・カネピ(エストニア)、第4シードにP・クヴィトバ(チェコ共和国)と続く。

なお、現在世界ランク2位にいるクレイステルスは、今大会でベスト4以上の成績を上げると、来週月曜日発表の最新の世界ランクでC・ウォズニアキ(デンマーク)に代わって世界1位への返り咲くこととなる。

この日は予選最終ラウンドも行われ、予選第2シードのV・マナシエバ(ロシア)E・レイン(フィンランド)を7-6 (7-3), 6-2で、予選第4シードのJ・ドキッチ(オーストラリア)がE・ルケミナを6-4, 6-4で、A・ヴルリッチが予選第7シードのS・コーエン‐アロー(フランス)を6-2, 6-4で、K・クコバ(スロバキア)がI・クリャノビッチを2-6, 6-4, 6-4でそれぞれ倒し、本戦入りを決めた。

今大会の優勝賞金は10万3000ドル。

(2011年2月8日10時16分)
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!